グアムのCOVID-19に関する最新情報

こちらをクリックしてください

Image
More
Go
Go
menu icon close menu icon

Category - インフォメーション

タモンには2つのパブリックビーチがあり、そのひとつがマタパンビーチ (Matapang Beach) 。ホリデーリゾート&スパグアム (Holiday Resort & Spa Guam) とフィエスタリゾート グアム (Fiesta Resort Guam, *現在、改装中により休業) の間にあるビーチです。

もうひとつのパブリックビーチ、イパオビーチ (Ypao Beach) と比べると小さいですが、週末にもなると多くのローカルの人たちで賑わう人気のビーチです。

4月末にグアム政府から発表された「復興ガイドライン」。それは4段階にわかれており、ロックダウン当初のPCOR1からPCOR2へ移行したのが5月10日。それから2か月以上経ち、ようやく今週月曜日7月20日にPCOR3へ移行しました。

これによりすべてのビジネスが再開可能に。そして集会やパーティーなど人が集まる時は最大50人までとなりました。

しかし、まだ多くの感染者がおり、感染リスクは依然高いことから「公衆衛生緊急事態宣言」は8月29日まで延長されています。

さて、気になる日本からグアムへの入島について。7月24日から検疫内容が変更となります。

グアムの7月21日はリバレーションデー (Liberation Day) 。1941年から1944年まで続いた旧日本軍による統治が終わり、再びアメリカの統治下に戻ったことを祝う記念日です。毎年この日にはリバレーションデーパレード (Liberation Day Parade) が開催され盛り上がりますが、今年は中止。静かなリバレーションデーとなりました。

昨年のリバレーションパレードの様子は こちら をご覧ください。

そこで、久しぶりにパレード開催地であり、グアムの政治と経済の中心地、そして人気レストランが多数集中するハガニア地区を歩いてみました。

グアムの人はブッフェが大好き!一定料金で何十種類ものお料理が食べ放題なんて、嫌いな人はいませんよね。グアムの人はブッフェレストランの再開を待ち望んでいましたが、各自が料理を取るというスタイルは感染予防が難しく、レストランでの飲食が可能となってもオープンしていませんでした。しかし6月半ば、ようやくオープン!一体どのように営業しているのか、話を伺ってきました。

話を伺ったのはホテルニッコーグアム(Hotel Nikko Guam)のブッフェレストラン、マゼラン(Magellan)。6月19日(金)に待望の再オープン!

新型コロナウイルスの感染拡大により3月下旬からグアム入島時の強制検疫(隔離措置)が実施され、現実的にグアム旅行は難しい状況に。そんな中、グアム政府は島内での感染率鈍化に伴い、5月下旬、7月1日からのツーリスト受け入れを発表。島あげて旅行者を迎える準備を進めてきました。

しかし、6月半ばから島内での感染者数が急増。グアム政府は6月24日(金)、島民また来島者の安全を最優先とし、7月1日の観光業再開を見送ることを発表、同時に『公衆衛生緊急事態』も延長されました。

新型コロナウイルスの感染を予防するため、数か月前には存在しなかったさまざまなルールの下、現在私たちは日常生活を送っています。
レストランでの食事もそのひとつ。楽しくおいしい時間を過ごすために、各レストランには今までになかったさまざまな制限やルールが設けられています。人気レストランのひとつ、カリフォルニア・ピザ・キッチン(California Pizza Kitchen)に尋ねてみました。

ロックダウン後は休業していましたが、5月半ばにテイクアウトで再オープン、下旬に店内飲食も可能となり、再びあのおいしいアメリカのイタリアンフードを楽しめるようになったカリフォルニア・ピザ・キッチン。

ツーリズム (観光業) の中心となってきたタモンのホテル。3月20日のロックダウン以降、一時は完全休業しているホテルもありましたが、現在は感染者の隔離ホテルとして使われたり、一部のレストランをオープンしたりして、営業を続けています。

利用者の大半が旅行者だったホテルにとって今は非常に困難な状況ですが、地元グアムの人へ、そして日本の人へメッセージを送り続けるホテルがあります。

グアムリーフホテル(Guam Reef

オープン6年目を迎えたデュシタニグアムリゾート (Dusit Thani Guam resort) 。タイの高級ホテルブランド、デュシット•インターナショナル (Dusit International) が手がけるグアム初のホテルとしてこの5年、それまでのグアムになかったエキゾチックでラグジュアリーなホテルライフを提供し、また、グアム最大となるコンベンションセンターを兼ね備えた複合施設としてグアムの観光業、グアム経済に大きく貢献してきました。

そのデュシット•インターナショナル

5月27日(水)、グアム政府よりうれしいニュースが飛び込んできました!

グアムファンの皆さま、お待たせしました!グアムへの旅行についてです!

グアム政府は、7月1日(水)より日本、韓国、台湾からの観光客は14日間の検疫隔離措置なしで入国できることを発表しました!

現在、ユナイテッド航空が成田•グアム間を週3本運行していますが、グアムに到着しても14日間の隔離措置があるため、実際にはレジャー目的の渡航は現実的ではありませんでした。 しかし夏のバケーションシーズンに向け、この規制を7月1日(水)から解除。例年通り、夏のグアム旅行を楽しんでいただけることになりました。

5月10日から厳しい規制が少しずつ緩和されてきたグアム。日々、新たな感染者数をチェックしながら、いつ次の新たな緩和へ進むのか、島民としては気になるところです。

さて、グアムファンの方たちにとってはお馴染みの、そしてもうすでに懐かしい存在になってしまったタモン。今回は現在のタモンの様子をレポートします。

世界各国からのツーリストと観光業に携わる人たちで賑わってきたタモン。規制緩和が進みつつもツーリストがいない現在、メインロードも閑散としています。

Tギャラリア グアム by DFS (T Galleria Guam by DFS)