グアムのCOVID-19に関する最新情報

こちらをクリックしてください

Image
More
Go
Go
menu icon close menu icon

Tag - ショッピングバッグ

グアムでは2022年1月1日からレジ袋の使用が禁止されました(一部業種は除く)。昨年までは生分解性のものであれば使用できましたが、今年からはそれも使うことができなくなり、個人でエコバッグやショッピングバッグを持参するのが基本となっています。

payless02

こちらはグアム島内に8店舗を展開するペイレススーパーマーケット(Payless Supermarket)の看板。ショッピングバッグを忘れずに持ってくることを呼びかけています。

ペイレススーパーマーケットではバッグを持参していなければ紙袋に入れてくれますが、基本はバッグ持参。メイシーズ(Macy's)やロスドレスフォーレス(Ross Dress For

さて、今回はエコのお話。グアムのエコ事情についてです。エコと一言でいっても中身はさまざまですが、今回お話するのはショッピングバッグについて。

今年2021年1月1日からグアムではスーパーマーケット等での使い捨てプラスチックバッグ(日本人にはレジ袋と言った方がわかりやすいでしょうか)の利用が原則禁止されています。施行から3か月、多くのスーパーマーケット、小売店が使い捨てプラスチックバッグの使用をやめ、紙袋や生物分解性のあるプラスチックバッグの利用に切り替えています。

※一部の業種や商品等、対象外のものもあります。

payless-biodegradable-bag

日本では7月1日からスーパーマーケットなどのレジ袋が有料になったとか。グアムでもマイバッグ持参で買い物する人は増えており、オリジナルデザインのショッピングバッグを販売しているスーパーもあります。*現在は新型コロナウイルス感染予防のため、マイバッグは使用できません。

ところが、グアムのスーパーマーケットなどで販売されるショッピングバッグはコンパクトに折り畳むことができないグアム仕様。車社会のグアムでは車に積んでおけばいいので問題ないのですが、日本で電車やバスで通勤、通学する人たちには、使わない時にはコンパクトに折り畳めるものがいいですよね。