More
Go
Go
menu icon close menu icon

Tag - ショッピング

毎週水曜日の夜にナイトマーケットが開催され賑わいを見せているチャモロビレッジ。実はナイトマーケットだけでなく、週末以外の平日昼間に営業しているお店がいくつかあります。その中のココナッツヴィラ・ギフトショップ(Coconut Villa Gift Shop)が今回紹介するお店です。南国雑貨を取り扱うお店で、中でもハンドメイドのアクセサリーはおすすめです。

Coconut Villa7.jpg

場所は中央パビリオンの近く。平日昼間はあまり人通りが多くなく、かわいい雑貨を並べたテーブルを店頭に置いてあるので、見つけるのは簡単。

Coconut Villa6.jpg


ドン・ドン・ドンキ(DON DON DONKI)がパンデミックや台風などを乗り越えて待望のオープン!初日4月25日わくわく感がとまらない地元の人達は、オープン前の朝5時から並んでいたそうです。

donki2

1階のグランドフロアの営業時間は今のところ6AM-12AM、地下1階酒類のフロアは9AM-12AM、フードホール(FOOD HALL)とマツキヨ、ダイソーは10AM-10PM迄となっています。
まだフードホール内のテナントが全てオープンしていませんが、徐々にオープンしていくそうなので楽しみです。

今年の母の日は5月12日。もし今、グアムに居るならグアム土産を兼ねて母の日ギフトをグアムで探してみてはいかがですか。母の日ギフト探しのおすすめはメイシーズ(Macy's)。ここならレディースファッションはもちろん、キッチンアイテムや家庭用品もセンスのいいモノがたくさん!そしてアメリカンなテイストもあるのでお土産としても喜ばれると思いますよ。

Mother Day Macys3.jpg

グアムの3月はチャモロマンス。古くから受け継がれるチャモロ文化の継承・保護を目的にさまざまな活動・イベントが行われる1か月です。毎週木曜日の夜、ハガニア地区のスキナープラザで開催されているフードトラックナイトでも、3月はフードトラックだけでなく、チャモロやグアムをテーマにしたポップアップショップも登場します。

CHamoru Month Skinner Plaza1.jpg

バーベキューにポキボウル、ハンバーガーにメキシカンフードなど、さまざまなフードトラックが登場する木曜日の夜。最近では飲食用のテーブルと椅子も用意されるようになりました。夜は涼しくて過ごしやすいこの時期。星空の下で食べる夜ごはんはおいしいですよ!

CHamoru Month Skinner Plaza2.jpg

今月末、3月31日はイースター(Easter)。先週レント(LENT)について紹介した際に、イースターについても簡単に説明しましたが、もう一度おさらい。

イースターとは日本語で「復活祭」と呼ばれ、十字架に架けられ亡くなったイエス・キリストが復活したことを祝う祝日です。キリスト教徒にとってはとても大切な日で、カトリック教徒の多いグアムでは公立学校でさえイースターに合わせて春休みが設定され、「スプリング ブレイク(Spring Break, 春休み)」と呼ぶ人もいれば、「イースター ブレイク(Easter Break, イースターの休み)」という人もいるほど。

2月14日はバレンタイン。日本では女性から男性に愛を告白する日、また愛を贈る日とする一大イベントです。もちろんグアムでもバレンタインはビッグイベント。しかし日本とは異なり、男性から女性に愛を贈る日となっています。そのため各店には女性向けのギフトがたくさん!今回はグアムのバレンタイン事情をお届けします。

Valentain3.jpg

こちらはペイレススーパーマーケット(Payless Supermarket)のマイクロネシアモール店入り口付近の特設コーナー。クマを象ったお花やバルーン付きのチョコレートなど、かわいらしい赤、ピンク、白でいっぱいです。

11月23日のサンクスギビング、そして翌日のブラックフライデー。ホリデーシーズンのキックオフともいえる2つの大イベントを終え、本格的にホリデーシーズンがスタートしました!ホリデーシーズンとはアメリカ人やグアムの人々にとって年に一番のビッグイベント、クリスマスのためにショッピングをしたり故郷へ帰ったりする期間。グアムでもクリスマスプレゼントの準備、遠く離れて暮らす家族を迎える準備に大忙しの1か月が始まりました!

blackfriday4.jpg

さて、今回は11月24日のブラックフライデーの様子を紹介。訪れたのはマイクロネシアモール(Micronesia

グアムに来たらぜひ買って帰りたいのがグアムならではのお土産。グアムで作られたものであったり、グアム発のブランドであったり、グアムにはたくさんのグアム土産があり、どれもグアムらしさ満載です。現在、Tギャラリア グアム by DFS(T Galleria Guam by DFS)にはグアム土産のコーナーが設けられており、そんなおすすめ商品がいっぱい並んでいます。

DFS GUMA4.jpg

ファッションウォッチやチョコレート、クッキーなどのスナックが並ぶコーナーの奥に設けられたグアム土産のコーナー。こちらは2013年に設立されたグアムの小規模ビジネスを支援するNPO団体、グマ(GUMA, Guam Unique

マイクロネシアモールにとってもかわいいベビー&キッズ服ショップがオープンしました。

名前は「夢中になる!」という意味の「オブセスト(obsessed)」。店内には本当に夢中になってしまうほどかわいい服や雑貨が並び、それを着る子供たちもその着心地の良さにこのお店の服が大好きになること間違いなし!

ナチュラル素材を用いた服とグアムブランドの雑貨を紹介していきます。

Obessed7.jpg

まずはベビー&キッズ服の紹介から。

派手な色や賑やかな柄物はほとんどなく、服は落ち着いたアースカラーのものが多数。デザインもシンプルで、子供達にとっては動きやすく快適に着ることができそうなものばかり。

グアムを代表するまでに成長したお土産ブランド、グアム1(GUAM1)。マンゴーやアップルなどのフレーバービールをはじめ、グアムで生産されるクラフトジンも人気。Tシャツなどのアパレルはローカルの人たちも親しまれています。そんなグアム1、お土産雑貨がますます増えて充実しています。

guam3.jpg

タモンの街を歩いているとこちらの「GUAM1」のロゴが大きく入ったTシャツを着ている人を見かけることがあるかもしれません。お土産ブランド、グアム1の代表的なアイテム。ツーリストはもちろんのこと、ローカルの人やアメリカ人にも人気のアイテムです。

guam5.jpg