グアムのCOVID-19に関する最新情報

こちらをクリックしてください

Image
More
Go
Go
menu icon close menu icon

Tag - ショッピング

毎週水曜日の夜に開催されていたチャモロビレッジでのウェンズデーナイトマーケット(Wednesday Night Market)。たくさんのフード屋台、トロピカルなお土産雑貨、ローカルの人たちが楽しみにしているダンスと音楽、そしてチャモロダンスショーなど長年多くの人に親しまれてきましたが、新型ウイルスの感染拡大による2年以上もの間、休業を余儀無くされてきました。

しかし、5月4日(水)ようやくオープン!お肉を焼く香ばしい煙が漂う中、多くのローカルの中にツーリストの姿もちらほら。久しぶりに賑わった夜のチャモロビレッジ、ウェンズデーナイトマーケットの様子を紹介していきます。

nightmarket02

お土産品として人気のグアムメイドの商品の中で、今回はお酒、アルコールドリンクを紹介します。

グアムには3つのブルワリーがあり、それぞれでユニークで味わい深いさまざまなビールが造られています。しかし今回はクラフトビール以外のお酒、グアムで造られている焼酎やジンなどを紹介していきます。お酒好きの人へのお土産にぴったりですよ。

alcohol02

まずはこちら。「レディー・トゥー・ドリンク・カクテル(READY TO DRINK COCKTAIL)」。登場したのは今年1月。手がけるのはコロナ前に大人気だったレストラン、キッチン・リンゴ(Kitchen Lingo)のオーナーシェフ、ミスターリンゴ(Mr.Lingo)。

グアムに来たら必要なものといえばTシャツ、ショートパンツ、ビーチサンダル、サングラス、帽子など。日本からお気に入りを持ってくるのもいいですが、せっかくならぜひグアムで買い揃えてみては。

lotussurf02

今回紹介するショップ、ロータスサーフ(Lotus Surf)はタモン中心部から徒歩で15分ほど。ボルコム(VOLCOM)やオニール(O'NEILL)といったメジャーブランドのアイテムもありますが、店内に並ぶその多くがショップのオリジナルデザインです。

lotussurf03

南国の自然の力を取り入れたビューティーアイテムはたくさんありますが、今回紹介するのはノニ。日本では臭い、苦いなどあまり良いイメージがありませんが、美容に健康にうれしいパワーを持っている植物。ノニのビューティーアイテムを揃えたブランド、キングフィッシャーズ・ノニ(Kingfisher’s NONI)を紹介します。

noni02

ところでノニってどんな植物?と思った方に、簡単に説明しましょう。

チャモロマンスに制定されている3月。地元のスーパー、ペイレススーパーマーケット(Payless Supermarket)には特設コーナーが設置され、人々の暮らしに日常的に使用されるグアム産の商品が並んでいます。グアムの人々の暮らしを垣間見られるコーナーでもあり、お土産にもおすすめのものがいっぱいです。

今回は訪れたマイテ店の様子を紹介します。

meschamoru02

入り口を入ってすぐにあるのは花コーナー。モンモン(Mong Mong)と呼ばれる地区で、グアム原産の樹木や南国の草花を育て、それらの植物でフラワーアレンジメントを作るフローラルアーティスト、シモン・パロモ(Simeon

ツーリストにも人気のショッピングスポット、ロス・ドレス・フォー・レス(ROSS DRESS FOR LESS)。広い店内の商品はすべてアウトレットプライスで、ファッション系アイテムをメインに、キッチン商品、インテリアグッズ、おもちゃ、そして食品なども並んでいます。

タムニング地区のグアムプレミアアウトレット(GPO, Guam Premir Outlets)、デデド地区のマイクロネシアモール(Micronesia Mall)に続き、3月初旬、3店舗目がハガニア地区のアガニアショッピングセンター(Agana Shopping Center)にオープンしました。

ross02

コロナ渦に入る前は多くのツーリストで賑わったハガニア地区にあるチャモロビレッジ(Chamorro Village)。現在は飲食店を中心に多くの店舗が営業しており、特にランチタイムはお昼ご飯を買い求める人たちで賑わっています。

gubaby02

青い空と緑のヤシの木、そして赤い瓦屋根の色彩が美しい場所でもあるチャモロビレッジ。以前訪れたことのある皆さんにとっては、懐かしい場所かもしれませんね。

gubaby03

中央にあるメインパビリオン周辺には飲食店が多く、お昼ご飯を求めて行列ができる店も。パビリオンでランチをとる人の姿も多く見かけられます。

gubaby04

グアム土産の定番!I ♡ GUAM

Thursday, February 3, 2022 4:00 AM by チャモリータ

グアム土産の人気ブランドと言えば I ♡ GUAM (アイ ラブ グアム)。2003年に誕生して以来、多くのツーリストのショッピングシーンに登場。ツーリストはもちろん、ローカルの人も知らない人はいないぐらい人気のブランドです。

I ♡ GUAM の文字とともに書かれている「Where America's Day Begins」は、「アメリカで最も早く、新しい1日が始まる場所」という意味。アメリカの1日はグアムから始まる!なんて考えたら、グアムってすごい!って思っちゃいますね!

さて、 I ♡ GUAM

グアムでは2022年1月1日からレジ袋の使用が禁止されました(一部業種は除く)。昨年までは生分解性のものであれば使用できましたが、今年からはそれも使うことができなくなり、個人でエコバッグやショッピングバッグを持参するのが基本となっています。

payless02

こちらはグアム島内に8店舗を展開するペイレススーパーマーケット(Payless Supermarket)の看板。ショッピングバッグを忘れずに持ってくることを呼びかけています。

ペイレススーパーマーケットではバッグを持参していなければ紙袋に入れてくれますが、基本はバッグ持参。メイシーズ(Macy's)やロスドレスフォーレス(Ross Dress For

グアムには数多くのローカルアパレルブランドがありますが、中でも人気なのがクラウンズ(CROWNS)。ウォーターアクティビティやランドアクティビティに最適な、動きやすくて機能的、それでいてファッショナブルでかっこいい、それがクラウンズ。ハガニアにある店舗にはTシャツやキャップなどのアパレルアイテムが並びます。

crowns02

キャップのクラウン(王冠)マークはシンプルでかわいく、Tシャツやフーディーになるととってもカラフルでポップ。商品は毎週新作が入荷するそうで、お店のスタッフによると「気になったものは即買いがおすすめ」だとか。

crowns04