グアムのCOVID-19に関する最新情報

こちらをクリックしてください

Image
More
Go
Go
menu icon close menu icon

Tag - タモン

今から77年前の1944年7月21日、旧日本軍の占領下に置かれていたグアムが、再びアメリカ領へと取り戻されました。それ以降この日を解放記念日(Liberation Day)とし、毎年戦争で命を落とされた人々を思い敬い、そしてグアムが解放された事を祝いパレードやカーニバルが開催されています。

毎年開催されるリベレーションデイ パレードは、グアム準州知事が働くガバナーズオフィス(Governor’s Office)のあるアデラップ岬からハガニア地区のチャモロビレッジ(Chamorro

グアムに来たことのある人は一度は訪れたことのあるJPスーパーストア(JP Superstore)。タモンの中央に位置するグアム最大のセレクトショップです。グアムから観光客がいなくなり1年以上経ちますが、現在は週末のみで元気に営業を続けています。

客の大半はローカルの人という今、彼らに需要のあるアイテムが中心となっているようですが、並んでいるのは以前変わらずおしゃれでかわいいものばかり。各ブランドから新商品も多数入荷しています。

現在、入口・出口はグアムプラザホテル(Guam Plaza

海外旅行のわりには飛行時間が短く、時差もほとんどないことからリピーターツーリストも多いグアム。さすがにこの1年は来ることが難しかったと思いますが、検疫免除の条件も発表され、いよいよ観光業が再開しました。

昨年春のパンデミックの始まりから皆さん一人ひとりにさまざまな変化があったように、グアムのショッピングセンターもこの1年でいろいろ変わりました。今までにも徐々に規制が緩和される中でその時々の様子をお伝えしてきたマイクロネシアモール(Micronesia Mall)の現在の様子をお届けします。

micronesia-mall-may02

タモンから観光客の姿が消えて、タモンに出かける機会もめっきり減ってしまいましたが、久しぶりにタモンサンズプラザ(Tumon Sands Plaza)へ出かけました。現在のタモンサンズプラザの様子とレストラン、オリーブガーデン(OLIVE GARDEN)のランチを紹介します。

tspandolivegarden2

平日の昼間ということもあって、人影はまばら。

センターコートのカフェ、ホノルルコーヒー(Honolulu Coffee)のテーブル席もソーシャルディスタンスです。

tspandolivegarden3

クロエ(Chloe)、バレンシアガ(BALENCIAGA)、ジバンシー(GIVENCY)、グッチ(GUCCI)、ボッテガヴェネタ(BOTTEGA

世界各国でコロナの影響によりたくさんのお店が閉店を余儀なくされ多くの人が寂しい思いをしたことかと思います。このパンデミック収束後には復活を望むばかりです。
グアムでも厳しい状況は続きますが、新しいお店がオープンしたという嬉しいニュースも。早くもお客さんで賑わっていると噂のそのお店は昨年12月にオープンしたばかりのサンドイッチ専門店、サヴェージサンドイッチカンパニー(SAVAGE SANDWICH CO.) 。SAVAGEとはスラング英語で、ワイルドとか激しいなどを意味するそうです。
さてどんなサンドイッチ屋さんなのでしょう、何だかワクワクします。

3月20日(金)の正午から新型コロナウイルス感染拡大によりロックダウンしたグアム。 感染者数の伸び率の鈍化に伴い、一時はツーリズム再開に向けて動き出した時期もありましたが、現実は厳しく、現在2回目のロックダウン中。ツーリストで賑わったタモンに人影が戻ることはなく、在住日本人にも人気のTギャラリア グアム by DFS(T Galleria Guam by DFS)やJPスーパーストア(JP Superstore)も休業となると、タモンに出向くことはまったくなくなってしまいました。

グアムでの新型コロナウイルス感染者は6月半ばから急速に増え始め、この勢いは衰えることなく、最近では一日で20数名の感染者数が報告される日もあります。この状況を踏まえグアム政府は8月14日 (金)、 8月16日 (日) 午前0時から4段階に設定された復興ガイドラインの中で最も厳しい「PCOR1」とすることを発表。少しずつ活気を取り戻しつつあったグアムに再び厳しい制限が求められるようになりました。

16日より、エッセンシャルビジネス (Essential business / 医療関係、食料•日用品の販売、銀行、ガソリンスタンドなど生活に不可欠なビジネス)

オープン6年目を迎えたデュシタニグアムリゾート (Dusit Thani Guam resort) 。タイの高級ホテルブランド、デュシット•インターナショナル (Dusit International) が手がけるグアム初のホテルとしてこの5年、それまでのグアムになかったエキゾチックでラグジュアリーなホテルライフを提供し、また、グアム最大となるコンベンションセンターを兼ね備えた複合施設としてグアムの観光業、グアム経済に大きく貢献してきました。

そのデュシット•インターナショナル

5月10日から厳しい規制が少しずつ緩和されてきたグアム。日々、新たな感染者数をチェックしながら、いつ次の新たな緩和へ進むのか、島民としては気になるところです。

さて、グアムファンの方たちにとってはお馴染みの、そしてもうすでに懐かしい存在になってしまったタモン。今回は現在のタモンの様子をレポートします。

世界各国からのツーリストと観光業に携わる人たちで賑わってきたタモン。規制緩和が進みつつもツーリストがいない現在、メインロードも閑散としています。

Tギャラリア グアム by DFS (T Galleria Guam by DFS)

コロナウィルス感染症の流行によりグアムでも発令された3月20日から始まったロックダウン。ほとんどの学校は3月16日から休校となり、さらに公共の公園やビーチなども閉鎖となりました。街には車も少なく、人々は買い物などの不要不急の用事以外ではできるだけ外出を避け静かにこの時を過ごしているようです。
もう少し続くグアムのロックダウンですが、幸いにも個人で行うジョギングなどは禁止されていないので、安全に少しでも運動不足とストレス解消しようと、多くのホテルが建ち並ぶホテルタモン地区のホテルロードにジョギングへ行ってみました。