グアムのCOVID-19に関する最新情報

こちらをクリックしてください

Image
More
Go
Go
menu icon close menu icon

Tag - ワクチン

世界各国で着々と進む新型コロナウイルスのワクチン接種。グアムではすでにワクチン接種率が成人人口の80%を超えています。

そこで、停滞する観光業をなんとか復活させようと、この夏、グアム政府観光局は「エア V&V プログラム(Air V&V Program)」を発表しました。

V&V とは「ワクチン&バケーション(Vaccination & Vacation)」のことで、その言葉通り、グアムでバケーションを楽しみながら、新型コロナウイルスのワクチン接種もできるというもの。すでにこのプログラムを利用して台湾から1,500人もの観光客がグアムを訪れており、今後もその数は増えると予想されています。

グアムで新型コロナウイルスのワクチン接種が本格的に始まってから約半年。7月29日(木)午後に、目標としていた成人人口80%のワクチン接種を達成しました。グアム政府は目標を達成した翌日午前0時1分よりいくつかの規制を緩和すると発表しており、7月30日(金)から施行されました。

主な規制緩和は下記の通りです。

■集会に関する規制の撤廃(学校は除く)
■ソーシャルディスタンス規制の撤廃(学校は除く)

引き続き、屋外屋内に関わらず2歳以上のマスク着用は求められています。

また、グアム政府が設定した4段階の復興ガイドラインPCOR(Pandemic Condition Of

12月に入り新型コロナウィルスの感染者数の減少傾向が続いている一方、グアムの復興ガイドラインは最高警戒レベルのPCOR1、そして自宅待機勧告(Safer-at-Home Advisory)も引き続き発令されています。そんな中、クリスマスを前に感染予防の為の規制が緩和されました。

感染の拡大率を表すコロナエリアリスク(Covid-19 Area Risk[CAR])スコアが5以下になった状態で2週間が経過し、以下の内容の規制が緩和されました。

12月15日(火曜日) 午前8時より
・屋内で行われる宗教儀式は、施設の最大収容人数の50%までとする