グアムのCOVID-19に関する最新情報

こちらをクリックしてください

Image
More
Go
Go
menu icon close menu icon

Tag - 観光業再開

新型コロナウイルス感染症により休業中だったフィッシュアイマリンパーク(FISH EYE Marine Park)。昨年、再開したものの、オミクロン株の拡大により再度休業していました。しかし、この5月から観光業の本格的な復活により再オープンしています!海でも陸でも満喫できる、パワーアップしたフィッシュアイマリンパークで楽しいひと時をお過ごしください!

fisheye2

昨年末からツーリストの人気のオプショナルツアーが次々と営業を再開し、グアムの観光業が本格的に動き出しています。この春にも新たにいくつかのツアーが再開。今後、この賑わいはさらに大きくなっていきそうです!

bg03

各種ツアーを催行するバルディガグループでは、3月に「BIGサンセットクルーズ(BIG Sunset Cruise)」をオープンさせました!

タモンがより魅力的な街へ

Thursday, January 27, 2022 8:00 AM by チャモリータ

2020年3月、グアムに新型コロナウイルスが広がり、観光業が停止しました。いつも多くのツーリストで賑わっていたタモンがピタリと静かになり、観光業が完全ストップしたあの時からもうすぐ丸2年。当初はロックダウンになり、仕事がなくなり、精神的に厳しい状況であったものの、大きな混乱やその混乱による犯罪の増加などはまったくなく、人々は常に落ち着いて行動してきたように思います。

世界各国で着々と進む新型コロナウイルスのワクチン接種。グアムではすでにワクチン接種率が成人人口の80%を超えています。

そこで、停滞する観光業をなんとか復活させようと、この夏、グアム政府観光局は「エア V&V プログラム(Air V&V Program)」を発表しました。

V&V とは「ワクチン&バケーション(Vaccination & Vacation)」のことで、その言葉通り、グアムでバケーションを楽しみながら、新型コロナウイルスのワクチン接種もできるというもの。すでにこのプログラムを利用して台湾から1,500人もの観光客がグアムを訪れており、今後もその数は増えると予想されています。

グアムで新型コロナウイルスのワクチン接種が本格的に始まってから約半年。7月29日(木)午後に、目標としていた成人人口80%のワクチン接種を達成しました。グアム政府は目標を達成した翌日午前0時1分よりいくつかの規制を緩和すると発表しており、7月30日(金)から施行されました。

主な規制緩和は下記の通りです。

■集会に関する規制の撤廃(学校は除く)
■ソーシャルディスタンス規制の撤廃(学校は除く)

引き続き、屋外屋内に関わらず2歳以上のマスク着用は求められています。

また、グアム政府が設定した4段階の復興ガイドラインPCOR(Pandemic Condition Of

2021年も半分が終わり、いよいよ後半がスタート。

なんとか今年中にコロナとの戦いを終わらせたいところですが、世界ではワクチン接種が進むとともに変異株による感染も多数報告され、世界が一丸とならなければいけないこの戦いは、まだまだ不安要素がいっぱいです。

さて、グアムでの各数値は6月28日(月)時点で以下のようになっています。

■感染者数累計:8,348人
■死者数累計:140人
■新型コロナウイルス エリア リスク スコア(Covid Area Risk Score) :0.7

ワクチン接種状況については、6月28日(月)時点で95,000人以上が接種を完了しています。

IMG_5464

もう6月も終わり。コロナ禍で始まった2021年の半分が終わろうとしています。

各数値は6月22日(火)時点で以下のようになっています。

■感染者数累計:8,304人
■死者数累計:139人
■新型コロナウイルス エリア リスク スコア(Covid Area Risk Score) :0.7

ワクチン接種状況については、6月22日(火)時点で90,000人以上が接種を完了しています。

air-vv-program

さて、以前グアムの新型コロナウイルスのニュースとして「ワクチンツーリズム」を紹介したことがありました。

以前の記事は こちら から。

新型コロナウイルスの感染拡大によりすっかり変わってしまった私たちの暮らし。1年前は収束の兆しがまったく見えず、職を失った多くの人たちが先の暮らしに不安を感じずにはいられませんでした。

dollars-426023_1920-1024x543

それから1年。アメリカ連邦政府とグアム政府からの給付金等が失業者や減収者の暮らしを支えてきましたが、それも9月には終了予定。多くの規制が緩和された現在、失業者の多くはかつて観光業に携わっていた人たちですが、5月15日(土)からの観光業再開により飲食店などがスタッフを募集するなど、コロナ禍から脱し生活をリスタートさせる動きが広がっています。

IMG_853140-1024x821

海外旅行のわりには飛行時間が短く、時差もほとんどないことからリピーターツーリストも多いグアム。さすがにこの1年は来ることが難しかったと思いますが、検疫免除の条件も発表され、いよいよ観光業が再開しました。

昨年春のパンデミックの始まりから皆さん一人ひとりにさまざまな変化があったように、グアムのショッピングセンターもこの1年でいろいろ変わりました。今までにも徐々に規制が緩和される中でその時々の様子をお伝えしてきたマイクロネシアモール(Micronesia Mall)の現在の様子をお届けします。

micronesia-mall-may02

グアム政府は4月30日(金)、目標にしてきた5月1日の観光業再開を2週間延期することを発表しました。

covid19vaccine

グアム政府は4月末日までにグアム成人人口の50%、約62,500人のワクチン接種完了を達成できれば、5月1日から旅行者への検疫免除を予定していました。『パス トゥー ハーフ(Path to Half)』を名付けられたそのプロジェクトは無事達成され、4月末には成人人口の51%、64,047名がワクチン接種を完了しました。

にもかかわらず、観光業再開が2週間延期された背景にはグアム島内でのクラスターの発生や新型コロナウイルス感染による入院者数の増加、渡航検疫での陽性者判明が挙げられています。

IMG_02