グアムのCOVID-19に関する最新情報

こちらをクリックしてください

Image
More
Go
Go
menu icon close menu icon

COVID-19 重要なお知らせ

ハファディ!

グアムはその穏やかな人々、独自の文化、そしてハファダイ・スピリットで知られる太平洋の島です。 私たちの文化の中心にはいつも家族や友人への思いやりの精神があります。

この世界的危機の中、私たちも新型コロナウイルスパンデミックに対する世界的な取り組みに貢献しています。 世界中の多くの兄弟姉妹と同様に、私たちの最優先事項は、地域社会と訪れる人々の幸せです。

グアム政府は、島の健康と安全のための予防措置を強化しました。 今後数週間、グアムを訪れる人々やビジネスパートナーのために、最新の関連情報を提供します。

グアムは小さな島ですが、この前例のない時代にハファダイ・スピリットであなたとあなたの家族とともにいます。

いつも温かいご支援をありがとうございます。


 

2021年8月20日

グアムに入国する旅行者のための新しい検疫要件

 

更新情報:8月20日

・海外渡航用ワクチン接種証明書について

外務省が定める「海外渡航用の新型コロナワクチン接種証明書が使用可能な国・地域一覧」にグアムが追加されています。これにより日本で発行した接種証明書が、グアム入国の際に正式な書面として認定されました。(8月19日現在)。詳しくは、外務省海外安全ホームページをご覧ください。

・グアムでのPCR検査会場オープンについて

グアムでPCR検査を受ける際には、グアム政府観光局認定のPCR検査&ワクチン接種会場をご利用いただけます。詳しくはこちらをご確認ください。

 

新変更点:2021年7月4日(日)より有効

  • ワクチンを完全に接種済みであれば、検疫が免除される。現在グアムで有効性が認められているワクチンの種類は、Pfizer-BioNTech、Moderna、Johnson & Johnson/Janssen または AstraZenecaの4種類のみ。
  • ワクチン接種が完了していなくても、2021年7月4日(日)午前12時01分から、すべてのグアム来島者に対して、到着の72時間以内に受診したRT-PCR検査の陰性証明を提出することで検疫が免除の対象となる。※RT-PCR検査で有効な検体採取方法は、「鼻咽頭ぬぐい液(Nasopharyngeal Swab)」または、「唾液(Saliva)」となります。※陰性証明書には、「氏名・生年月日・検査実施日・検査の種類」が記載されている必要があります。
  • ワクチン接種が完了していなくても、2021年7月4日(日)午前12時01分から、到着の72時間以内に受診した抗原検査 (antigen test) の陰性結果を提出することで、グアム政府指定の検疫施設での隔離ではなく、ご自身が予約したホテルまたは自宅で隔離・経過観察を受けることができる。

※ワクチン接種済みの方でも、米国疾病予防管理センター(CDC)の規定に基づき、日本出国3日以内に採取されたCOVID-19検査の陰性証明書を航空機搭乗手続き時に提示しなければなりません。

 

現在の入国要件:2021年6月19日(土)より有効

■ワクチン接種を受けていない入国者の検疫(QUARANTINE FOR INCOMING UNVACCINATED TRAVELERS)

適用される法律およびグアム保健局ガイダンスに従い、ここに規定されている場合を除き、入国するすべての旅行者は、到着前のCOVID-19検査の結果にかかわらず、政府施設で10日間の検疫を受けるものとする。

  • 隔離6日目に、任意で検査を受け結果が陰性だった場合は、それ以降の強制隔離措置は解除される。だたし、入国14日目までは経過観察に応じなければならない。
  • 隔離6日目に、検査を受けないことを選択した場合は、変わらず10日間の強制隔離措置が継続される。
  • ワクチン未接種者で、グアム到着前72時間以内に受けたPCR検査または抗原検査の陰性証明を提出できる場合は、政府指定の検疫施設での隔離ではなく、ご自身が予約した滞在施設または自宅で隔離および、自主的な経過観察を受けることができる。

 

■COVID-19 のワクチン接種を受けたことをすぐに証明できる人(INDIVIDUALS WITH IMMEDIATE PROOF OF COVID-19 VACCINATION

米国FDAと世界保健機関(WHO)認定のCOVID-19ワクチン(Pfizer-BioNTech, Moderna, or Johnson & Johnson/JanssenまたはAstraZenecaの4社のうちのいずれか)を完全に接種している方は、検疫が免除される場合がある。完全接種とは、2回接種の場合は2回目の接種から2週間後、単回接種の場合は2週間後に完全接種とみなされる。検疫免除を希望する方は、以下を提示すること。

  • 写真付きの身分証明書(パスポート、運転免許証、州発行の身分証明書など)
  • COVID-19ワクチン接種記録カード(患者名、生年月日、接種日、接種したCOVID-19ワクチンの銘柄が記載されているもの)
  • 下記のようなCOVID-19ワクチン検証の二次証明書
    • ワクチン接種を行った医療機関の記録、ワクチン接種を行った医療機関からの手紙、COVID-19ワクチンを接種した際の領収書、または審査官の裁量で承認されるその他の二次証明書
    • 注)グアムでワクチンを接種された方で、WebIZアプリケーションでワクチン情報を確認できる方は、二次的なワクチン証明書の提示は必要ない。
  • COVID-19ワクチン接種を証明する個人の宣言書(偽証罪の適用を受けて署名されたもの)下記リンクよりご記入ください。
  • ワクチン接種済みの方でも、米国疾病予防管理センター(CDC)の規定に基づき、日本出国72時間以内に採取されたCOVID-19検査の陰性証明書を航空機搭乗手続き時に提示しなければならない。

 

■過去にCOVID-19に感染したことのある人(INDIVIDUALS WITH A PREVIOUS COVID-19 INFECTIONグアム到着前の3ヶ月間にCOVID-19に感染し、回復した方で、感染の症状が見られない方は、以下の条件を満たすことで検疫を免除される。

  • 写真付き身分証明書(パスポート、運転免許証、州発行の身分証明書など)
  • 到着の10~90日前にCOVID-19に感染した際の、陽性となった検査結果
  • 到着前10日以内に採取したCOVID-19 PCR検査の有効な陰性結果と、その後の医師、診療所、保健所からのクリアランス

 

■居住者である航空会社乗務員と連邦航空局のスタッフ(RESIDENT AIRLINE CREW MEMBERS AND FEDERAL AVIATION ADMINISTRATION STAFFCOVID-19の感染を緩和するために雇用主が定めた一般的な手順を遵守し、ソーシャルディスタンスを保ち、顔を覆い、適切な手洗いのエチケットを実践しなければならないが、隔離やCOVID-19検査を受ける必要はない。公衆衛生上の緊急事態に関連してグアムで現在施行されているあらゆる知事令を遵守し、COVID-19の症状を自己監視し、症状が現れた場合は直ちに主な医療機関に通知しなければならない。

 

・グアム政府の検疫施設(QFac)から免除されるためのプロトコル

 

■単独小児旅客(UNACCOMPANIED MINORS米国FDAが認可したCOVID-19の予防接種の証明書を持たずにグアムに到着した同伴者のいない未成年者は、未成年者の責任を負うために空港に出頭した親、法定後見人、または権限のある代理人が指定した賃貸の宿泊施設または個人の住居で10日間の検疫期間を過ごす必要がある。このような親、法定後見人、または権限のある代理人は、未成年者を受け取るために、空港で未成年者を出迎え、写真付きの身分証明書を提出しなければならない。同伴者のいない未成年者が親、法定後見人、または権限のある代理人によって空港で受け取られない場合は、グアム保健局児童保護サービスに通知される。親、法定後見人、または権限のある代理人は、到着後6日目に同伴者のいない未成年者にCOVID-19の検査を行い、短縮された検疫期間の資格を得ることができます。グアム保健局は親、法定後見人、または委任された代理人に連絡し、検査の手配をする。COVID-19の検査結果が陰性であれば、未成年者は検疫期間を終了することができるが、到着後14日間はSara Alertで症状を監視する必要がある。

 

■同伴小児旅客(ACCOMPANIED MINORS未成年者と一緒に旅行する両親、法定後見人、または権限のある代理人は、検疫免除を受けるために、すべての成人および未成年者が米国FDA認可のCOVID-19ワクチン接種の証明書を持っていなければならない。未成年者の両親、法定後見人、または委任された代理人が米国FDA認可のCOVID-19ワクチン接種の証明書を持っているが、未成年者が持っていない場合、未成年者は両親、法定後見人、または委任された代理人が指定した住居に10日間隔離されることになる。

 

■非居住者の航空会社乗務員/FAAスタッフ(NON-RESIDENT AIRLINE CREW/FAA STAFF雇用主が定めた一般的なプロトコルを遵守し、個人の住居または賃貸の宿舎に10日間自己隔離し、滞在期間中はSara Alertによる症状の監視に従わなければならない。非居住者の航空会社乗務員およびFAAスタッフは、グアムの重要な航空輸送サービスを維持するために必要なすべての公務を遂行する場合、食料品の購入、屋外での運動、郊外やドライブスルーのフードサービスの利用、および医療上の緊急事態や医療上の予約を行う場合に限り、検疫場所を離れることができる。

 

■船の乗組員(VESSEL CREW MEMBERS乗組員の名前は、グアム到着の24時間前までに、承認された地元の船舶代理店/雇用者によってグアム保健局に提供されていなければならず、承認された地元の船舶代理店/雇用者の代表者は、交通手段を提供するために立ち会うか、承認された賃貸宿泊施設または個人の住居への交通手段を提供するために公共事業省に手配していなければならず、船舶乗組員は、グアム到着後72時間以内に出発する定期船またはフライトに乗り換えなければならず、船舶乗組員は、グアム到着後72時間以内に採取されたCOVID-19検査の陰性結果を提示しなければならない。

 

■医療機関の紹介(MEDICAL REFERRALS完全な予防接種を受けていないか、COVID-19に感染したことを証明する書類を提示していない医療紹介旅客(MRP)は、承認された賃貸宿泊施設または個人住宅での検疫を受ける資格があり、移動制限(ROM)ガイドラインにより、MRPが診察を受けるために検疫場所を離れることができる。

  • そのようなMRPは、以下の基準を満たす必要がある。
  • MRPは、到着前にグアム保健局(http://dphss.guam.gov/quarantine/)に、承認された賃貸宿泊施設または個人住宅での検疫依頼を提出しなければならない。
  • この依頼書には、紹介元の医療機関からの医療照会状を含む補助書類を添付しなければならない。
  • MRPは、グアム到着後72時間以内に採取されたCOVID-19検査の陰性結果を提示しなければならない。検査結果が提供されない場合は、到着後24時間以内にCOVID-19検査を受けることに同意しなければならない。
  • 重症または急性の病状で、グアムで治療を受けるための医師の紹介を受けていない人は、到着前にhttps://dphss.guam.gov/quarantine/でリクエストを提出すること。
  • 緊急の医療要請は、入国港にてケースバイケースで検討される。その際には、状況を確認するための補助書類の提出が求められる。

 

■緊急/困難(EMERGENCY HARDSHIP):必要なサービスを決定するために、グアム政府隔離施設の医療、行動衛生または公衆衛生スタッフによる評価を受けることに同意しなければならない。この評価には、特定の緊急/困難な出来事、活動のために期間限定で検疫所を出るか、自宅検疫所に移すかの選択肢が含まれる場合がある。また、緊急/困難に関する文書と情報を医療、行動衛生、または公衆衛生スタッフに提供しなければならない。グアム政府隔離施設の医療、行動保健、公衆衛生のスタッフは、緊急/困難な状況が、時間制限のある活動のために検疫所を出るか、または自宅検疫に移行するオプションに該当するかどうかは、ケースバイケースで判断される。

■アメリカ合衆国 国防総省関係者(DOD-AFFILIATED PERSONNEL):
 

  • 現役の軍人および被扶養者、国防総省の民間人および被扶養者、国防総省の請負業者で、入国地点で合同タスクフォースのリストに載っている者は、国防総省が定めた検疫ガイドラインおよび移動制限に従う。
  • 現役の軍人およびその扶養家族、国防総省の民間人およびその扶養家族、国防総省の請負業者で、入国時点で統合任務部隊のリストに載っていない者は、一般市民向けの到着した乗客のプロトコルに従う。
  • 完全に予防接種を受けているが、軍の任務上の必要性からCOVID-19検査で陰性を得られない訪問部隊に配属された現役軍人、国防総省の民間人、国防総省の請負業者は、当該人員が14日を超えて海上に乗船しているか、またはその他の方法で隔離された環境にあり、COVID-19ウイルスに対して無症状であることを国防総省の認定医官が確認した場合、検疫を免除されることがある。
  • 現役の軍人とその扶養家族、国防総省の民間人とその扶養家族、国防総省の請負業者で、適用される軍規に関する質問や懸念がある場合は、グアム海軍基地緊急オペレーションセンター(M-GU-NBG-EOC-BTLWTCH@fe.navy.mil)またはアンダーセン空軍基地合同受付チーム(36WG.JRT.ResponseSection@us.af.mil)に連絡すること。

 

グアム入国時にCOVID-19の接種証明書をすぐに提示できない人は、任意の検疫承認フォームに署名し、DPHSS(公衆衛生・社会福祉局)が接種状況を確認できるまで検疫と症状の監視を受けることになります。ワクチン接種の証明がなされた場合、検疫は解除され、サラ・アラートにより到着後14日間の症状監視に従わなければならない。

以前にCOVID-19に感染していたことをすぐに証明できない人は、任意の検疫承認書に署名しなければならず、以前のCOVID-19感染とその回復を理由に免除が認められるかどうかをグアム保健局が確認するまで、隔離施設に隔離され、症状を監視しなければならない。

隔離施設に収容された人は、施設に空きがある場合、旅行者は無料で、検疫6日目にグアム保健局またはグアム保健局が指定した他のプロバイダーが実施するCOVID-19検査を受けることができる。

現在、グアム保健局が受け入れているSARS-CoV-2(COVID-19)を検出する診断検査には、ウイルスの遺伝物質を検出するRT-PCR検査などの分子検査と、ウイルスの表面にある特定のタンパク質を検出する抗原検査の2種類がある。これらの検査は、個人が現在コロナウイルスに感染しているかどうかを特定するのに役立つ。 もしCOVID-19検査の結果が陰性であった場合、

  • 隔離は解除される。
  • 到着後14日間、Sara Alertで症状のモニタリングを行う必要がある。
  • グアムCOVIDアラート・アプリをダウンロードすることが推奨される。

 

COVID-19検査結果が陽性の場合、個人はグアム保健局が定めた隔離プロトコルに従うものとし、グアム政府の隔離施設に隔離されるものとする。隔離施設にいる間にCOVID-19検査を受けることを拒否した場合、その者は隔離施設で10日間の隔離を完了するものとする。

 

最新情報は以下のサイトをご覧ください。

グアム保健局(DPHSS)
HTTP://DPHSS.GUAM.GOV/COVID-19-DPHSS-MANDATORY-QUARANTINE-PROCEDURES/

グアム政府観光局(GVB)
HTTPS://WWW.GUAMVISITORSBUREAU.COM/

グアム国際空港
HTTPS://WWW.GUAMAIRPORT.COM/

グアム・ホームランド・セキュリティ・オフィス・オブ・シビル・ディフェンス(GHS)
HTTPS://WWW.GHS.GUAM.GOV/

アメリカ疾病予防管理センター(CDC)
HTTPS://WWW.CDC.GOV/