グアムのCOVID-19に関する最新情報

こちらをクリックしてください

Image
More
Go
Go
menu icon close menu icon

気候

目を閉じて想像してみてください。その清らかな美しさを損なうような足跡のひとつもない、閑静なビーチ。雷のような音を轟かせて遠くの岩礁に打ち付ける波、優しい音を立てながら海岸に寄せては返す波。涼しげな海風は内陸部で青々と茂ったジャングルを揺らし、花の香りを遠くまで運びます。まるで夢の楽園のようではありませんか? さあ、目を開ければそこはグアムです!

この島が形作られたのは数百万年前、2つの火山がその頂上だけを海面上に残して海に沈んだ時でした。南側の火山に残った溶岩はやがて古い北側の火口と融合しました。石灰岩でできたこの火口の頂上は長い期間をかけて、広大なサンゴの群れによって海中で形作られたのです。

グアム南部は火山性丘陵で構成されており、その高さは海抜1,334フィートです。しかし、マリアナ海溝の底にあるふもとからから測ると、ラムラム山は世界で最も高い山となります。多数の川が流れ、石灰岩台地で構成される島の中央部や北部のあたりでは険しい崖に囲まれ600フィートもの高さがある滝が、狭い海岸の岩棚へと落ちていきます。休みなく打ち付ける波によってできた洞窟が、そびえ立つ崖をトンネルのようにつないでいます。

アプラ港はこのあたりで一番の商業港です。また、ダイバーやスノーケラーにとってのお気に入りの場所でもあります。商業港としては世界でも数少ない、色鮮やかな魚やその他の海の生き物が数多く豊富に生息している港です。

グアム港湾局および港はアプラ港で1,000を超える船にサービスを提供しています。現在のところ、グアムの港を通じて入ってくる大量の積み荷を12の汽船会社が扱っています。グアムは世界でも有数の効率的な港湾運営を行っていると、国際海事機関にも認められています。

ホテルやビジネス、そして居住地区の多くは、穏やかなフィリピン海に面した島の西部にあります。東海岸に沿ってのドライブは、太平洋が沿岸の狭い岩棚に激しく打ち付ける圧倒的な景色を誇っています。

 

陸地エリア

グアムの陸地面積は212平方マイル(549平方キロメートル)、長さは約30マイル(48.39キロメートル)、最北端の幅は8.5マイル(13.71キロメートル)、最大幅の南部では11.5マイル(18.55キロメートル)となっています。

 

地形

島の大部分は、深い水路を持つサンゴの卓礁に囲まれています。海岸線は砂浜や、延々と続く岩が多い切り立った崖、そしてマングローブの木々が特徴的です。足跡のような形をしているグアムは2つの火山が合わさって生まれました。北部の石灰岩台地と島の南部です。比較的平坦な北部にグアムのビジネスと人口の大部分が集まり、南部では連なった滝やめったに人が訪れないハイキングコース、そして青々と茂った深い森が、気楽でくつろいだ島のライフスタイルの雰囲気を醸し出しています。

 

位置

グアムは15の島々が連なるマリアナ諸島の最南端に位置する最大の島で、アジアの主な都市からおよそ3時間で行くことができます。グアムから主な都市までの距離は、フィリピンのマニラへは西に1,597マイル(12,555キロメートル)、日本の東京へは北西に1,558マイル(2,493キロメートル)、韓国のソウルへは北西に1,992マイル(2,590キロメートル)、台湾の台北へは北西に1,246マイル(2,077キロメートル)、そして香港へは北西に2,026マイル(3,376キロメートル)となっています。

グアムは北緯13度38分、東経144度44分に位置しています。最西端のアメリカ合衆国領土であり、東海岸標準時から15時間進んでいます。そのため、しばしば言われる人気の標語があります、「アメリカの一日が始まる場所、グアム」。

 

気候

太平洋西部にある多くの熱帯の島々がそうであるように、グアムの気候は一年を通して暖かく、11月から3月までは湿度も低くなっています。海面付近の平均年間気温は約81F(27.2°C)、月の平均気温は1月の80F(26.7°C)から6月の82F(27.8°C)を少し超えたあたりまでの幅に収まります。日中の気温が90F(32.2°C)を超えたり夜間の気温が70F(21.1°C)を下回ったりすることは滅多にありません。一年を通して夜間の相対湿度は一般的に84パーセントを超えますが、平均月間湿度は66パーセント前後となっています。

グアムの気候は1月から5月までの乾季と、6月から12月までの雨季というまったく違う2つの季節が特徴的で、6月と12月は季節の変わり目となっています。平均年間降水量は中央部と沿岸部の低地の80インチから高地である南部グアムの110インチまで幅があります。年によって降水量に大きな違いが出ることもあります。たとえば、1952年には145.5インチの最大降水量を記録し、最小降水量の記録はその3年後の60.42インチでした。

一般的に時速4マイルから12マイルの偏東風が年間を通して吹いています。大型の熱帯暴風雨や台風以外にも、まれに時速24マイルを超える風が吹く場合もあります。小規模な嵐やスコールはいつでも、そして前兆もあまりなく発生します。6月から12月までは台風が発生しやすくなっていますが、その時期以外でも年間を通していつでも発生することはあります。

空気の質

グアムの空気の質は世界でも有数の綺麗さで、グアム都市部のエリアに人間の活動が集中しているのにもかかわらず、全般的に空気汚染とは無縁です。気象学的な好条件に恵まれており、特にほぼいつも吹いている偏東風のおかげで、あらゆる汚染物質が大量に溜まることがありません。

 

水質

付近の大陸塊と同様に、島の地下水も海水も、汚染の排出から無縁であるという稀有な利点を持っています。その結果、グアムの水質は一貫して綺麗なままです。合衆国および地元が定めた基準に適合するよう、水質は定期的にチェックされています。