グアムのCOVID-19に関する最新情報

こちらをクリックしてください

Image
More
Go
Go
menu icon close menu icon

先日、用事があって、久しぶりにシェラトン ラグーナ グアム リゾート(Sheraton Laguna Guam Resort)へ行ってきました。

そしてロビーフロアからふと外を見ると、とってもかわいいインスタスポットを発見!さっそく、ラグーナに下りて写真を撮ってきました!

sheraton02

ラグーナ(Laguna)とは湖や本流から外れた水域を指す言葉。ロビーフロア下にある涼し気なラグーナの中にそのスポットはあります。

I ♡ SLGR の文字。SLGRはみなさん、おわかりですよね。Sheraton Laguna Guam Resort の頭文字をとったものです。

昨年9月、ハガニア(Hagatna)にオープンした小さなお店、ココナッツツリーカンパニー(Coconut Tree Company)。チャモロスイーツとして昔から家庭で作られてきたココナッツキャンディのお店です。

coconut-candy02

アがニアショッピングセンター(Agana Shopping Center)から歩いて行ける場所ですが、少し見つけにくいかも。店外にかけられた丸い看板が目印です。

coconut-candy03

店内に入ると小さなショーケースがあり、きれいにラッピングされたココナッツキャンディが並びます。

通常のシンプルなココナッツキャンディの他、チョコレートがかかったものや、マンゴー、カカオフレーバーのものも。

coconut-candy04

日本でもようやくワクチン接種が本格的に始まり、ホッとしているのは日本人だけではありません。日本人ツーリストを首を長くして待っているグアムでも、日本のワクチン状況は気になるニュース。

さて、グアムでは順調にワクチン接種が進んでいます。6月3日(木)現在で接種状況は以下の通り。

・1回目の接種が完了:94,871人(全人口の56.4%)

・2回目の接種が完了:83,135人(全人口の49.4%)

約半数がワクチン接種を完了しているためか、日々陽性者は確認されているものの重症者や入院者数はかなり少なく、死亡も長らく確認されていません。

激しいスコールに見舞われる日が多くなり、すっかり雨季に入ったグアム。しかしその分、とってもきれいな虹を見る機会も増えました!先日は電柱や建物がない広い広場で180度半円形のとてもきれいな虹を見ることができ、テンションがググッ!と上がりました!

さて、子供たちも夏休みに入り、グアムも夏本番!といったこの時期、やっぱりおいしいのは冷たいスイーツ♡

今回紹介するのはツーリストにはあまり知られていないローカルのアイスクリーム屋さん。デデド地区(Dededo)というローカル度満点のこの場所で長年営業する素朴なショップです。

mt-lamlam-icecream02

場所はデデド地区にある大きな教会、サンタバーバラ(Santa Barbara

朝市やフードトラックナイトなどさまざまな屋外イベントが再開されていますが、多くのローカルが集まる一日だけのイベントもいろいろな規制はあるものの再開されています。

天気の良い週末、久々にローカルイベントに出かけてきました。フードトラックあり、ステージでのパフォーマンスあり、元気に走り回る子供たちの姿があり、とコロナ前と同じような内容で盛り上がりました。

stigma-event02

出かけたのは「スティグマ シーイング スルー グリーンライト フェスティバル(STIGMA SEEING THROUGH GREEN LIGHT FESTIVAL)」というイベント。

アメリカの5月はメンタルヘルス アウェアネス

新型コロナウイルスの感染拡大によりすっかり変わってしまった私たちの暮らし。1年前は収束の兆しがまったく見えず、職を失った多くの人たちが先の暮らしに不安を感じずにはいられませんでした。

dollars-426023_1920-1024x543

それから1年。アメリカ連邦政府とグアム政府からの給付金等が失業者や減収者の暮らしを支えてきましたが、それも9月には終了予定。多くの規制が緩和された現在、失業者の多くはかつて観光業に携わっていた人たちですが、5月15日(土)からの観光業再開により飲食店などがスタッフを募集するなど、コロナ禍から脱し生活をリスタートさせる動きが広がっています。

IMG_853140-1024x821

海外旅行のわりには飛行時間が短く、時差もほとんどないことからリピーターツーリストも多いグアム。さすがにこの1年は来ることが難しかったと思いますが、検疫免除の条件も発表され、いよいよ観光業が再開しました。

昨年春のパンデミックの始まりから皆さん一人ひとりにさまざまな変化があったように、グアムのショッピングセンターもこの1年でいろいろ変わりました。今までにも徐々に規制が緩和される中でその時々の様子をお伝えしてきたマイクロネシアモール(Micronesia Mall)の現在の様子をお届けします。

micronesia-mall-may02

おうち時間が増えて運動不足になったり、明るいニュースが見つからず気分があがらなかったり、閉塞感漂うコロナ禍の中で少しでも楽しみを見つけようと思い、今ではすっかりハマってしまったアサイーボウル。アサイーとは栄養満点の南国フルーツで、スーパーフードとして一時世界中で話題となりましたが、今ではそのブームも落ち着き、グアムでは各店の定番メニューのひとつとなっています。

世界的な新型コロナウイルス感染拡大により、グアムに住む日本人が帰国することは難しくなっています。日本入国時、またグアム帰島時のさまざまな手続きや検査、検疫隔離、さらには成田空港しかグアム便がないことから関東エリア外へ行く場合の移動手段や交通費などを考えると日本がとても遠い存在に感じます。そして何より、自分自身がコロナウィルスを日本に持ち込んでしまうかもしれない存在になることへの懸念が、さらに日本を遠く感じさせます。

私の周囲ではもう2年近く帰国していない人がほとんど。そんな人たちが声を揃えて言うことが「日本のスーパーで買い物したい!」。

タモンから観光客の姿が消えて、タモンに出かける機会もめっきり減ってしまいましたが、久しぶりにタモンサンズプラザ(Tumon Sands Plaza)へ出かけました。現在のタモンサンズプラザの様子とレストラン、オリーブガーデン(OLIVE GARDEN)のランチを紹介します。

tspandolivegarden2

平日の昼間ということもあって、人影はまばら。

センターコートのカフェ、ホノルルコーヒー(Honolulu Coffee)のテーブル席もソーシャルディスタンスです。

tspandolivegarden3

クロエ(Chloe)、バレンシアガ(BALENCIAGA)、ジバンシー(GIVENCY)、グッチ(GUCCI)、ボッテガヴェネタ(BOTTEGA