グアムのCOVID-19に関する最新情報

こちらをクリックしてください

Image
More
Go
Go
menu icon close menu icon

Posts from January 2011

有名店が集中するタモン地区に対し、グアムの首都ハガニア地区はオーナーの思い入れやこだわりが活かされた、個性的なレストランが数多くあります。
メキシコ料理の「カーメンチャチャチャ」、ギリシャ料理の「マーメイドタバーン」、チャモロフュージョンの「メスクラ」などを訪れるお客さんは、舌の肥えたローカルが主流です。そんなハガニア地区に地ビールを提供するお洒落なバー&キッチン「ショアラインバー&キッチン」(SHORELINE BAR & KITCHEN)がオープンしました。

shoreline_11_0128_01.jpg
場所はオールドアガニアグリルが長年営業していた場所。
マリン・コア・ドライブ沿いにあるので見つけやすいですよ。
ある日、一通のメールが届きました。2010年日本国内最高峰の二輪レースJSB1000のチャンピオンに輝いた秋吉耕佑選手の記者会見が、マイテのサイクルプラスで行われるという内容です。あまりモータースポーツに詳しくない私ですが、そのビッグなタイトルに惹かれ出かけました。

01_21_camp_01.jpg
7才でポケバイデビュー。18才で九州選手権のロードレースにデビュー。
その後15年余りスズキに籍を置き、2009年にホンダへ電撃移籍。

久しぶりにアガット村のアメリカ海軍基地ゲート前にある太平洋戦争記念館に行ってきました。

01_21_poster_01.jpg
特別展示を案内するフライヤー。

年間90万人の日本人が訪れるアメリカ合衆国準州グアム島。日本人旅行者はわずか3時間ほどの空の旅で常夏のアメリカ文化を謳歌し、グアム古来のチャモロ文化に親しみ、ヴァカンスを楽しめます。笑顔が耐えない今日のグアムに至るまでには、スペイン、アメリカ、グアム、日本の間に忘れてはならない重い辛い歴史があります。太平洋戦争記念館には、その歴史のなかでも、第二次世界大戦時代(太平洋戦争時代)記憶の一部を伝える展示がされています。


以前フローズンヨーグルトの専門店を紹介しましたが、昨年秋頃からグアムでは新しいカフェも続々とオープンしています。
昨年12月にオープンした「ピカズカフェ」(PIKA'S CAFE)は、バラエティにとんだ手づくりサンドイッチをメインにしたカフェレストラン。場所はアッパータモン、マリン・コア・ドライブ沿いセントジョンズスクール向かいのスタービルディング内にあるお店です。

01_21_pikascaf_01.jpg
「シュガースパイス」というお店の跡地にできた「ピカズカフェ」。
この店名はオーナーの奥様のお名前だそうです。ロマンチックですね。

2011年1月7日(金)の午後、ロバート・ダフィー氏が翌日グアムを訪れるとのニュースが入りました。
ロバート・ダフィー氏は27年来のマーク・ジェイコブス氏のビジネスパートナー。デザイナーでもあり、マーク・ジェイコブス氏のデザイン活動をサポートし、マークブランドを築き上げた立役者でもある、知る人ぞ知るファッション界の有名人なのです。
アジア各国のマーク・ジェイコブスの店舗を年末から回っている彼がグアムにもやってくるということで、インタビューを申し出てみました。


marc_jac_01_14_01.jpg

繊細でしかも生命力みなぎる、エキゾチックなジュエリーの写真が載ったDFSギャラリア・グアムの広告が目に留まりました。
そのジュエリーデザインは、レトロな雰囲気を漂わせながらも途方もない力強さが感じられます。
その広告にはジュエリーアーティストの写真も載っており、是非この美しい女性に会いたくなり出かけました。

misa__0114_01.jpg
空港で配られるニュースレターや
ホテル到着時に受け取る封筒に入れられたギャラリアマガジンなどで、
DFSギャラリア・グアムの最新情報が入手できます。

DFSギャラリア・グアムで行われているアーティザン・オブ・グアムという催しをご存知ですか?
このWEEKLY
ハファデイ、新年明けましておめでとうございます!2010年は常に新しいニュースが日々飛び込んできて毎週お知らせするテーマも尽きることがなく、グアムが変わり続けているのを肌で感じてきた一年でした。新年もグアムから毎週新鮮なニュースをお届けして参りますので、どうぞWEEKLY GUAMをご贔屓にお願いします。

new_year_2011_0107_01.jpg
ホテル・ニッコー・グアムで行われた餅つき。
世界のどこに居ようとも、日本人ならお正月はやっぱりお餅ですよね。
つきたてのお餅は用意されたきなこやあんこをつけていただきます。

グアムのキャッチフレーズでもある "Where the America's day