グアムのCOVID-19に関する最新情報

こちらをクリックしてください

Image
More
Go
Go
menu icon close menu icon

Posts from March 2016

十字架の上で亡くなったイエス・キリストが死後3日目に復活したことを祝うキリスト教の祝日、イースター。春分後、最初の満月の日の次の日曜日がイースターとされ、春の訪れを告げる祝日とも言われています。カトリック教徒の多いグアムでは、もちろんイースターは一大イベント。家族でパーティーを開いたり、ホテルのサンデーブランチに出かけたり、それぞれ楽しい1日を過ごしました。また各地で、イースターおなじみのエッグハントイベントも開催され、子どもたちもいつもと違う日曜を過ごしました。



1_P1130455.jpg
イースターといえばイースターバニーの登場がお約束。
ウサギは多産であることから、生命や繁栄を祝う
イースターのシンボルになっています。



毎夜5つのディナー&マジックショーが開催されているグアム。ディナーもマジックもそれぞれ独自性を打ち出していて、どれを観ればいいのか、悩ましいところ。この記事を公開する本日、4月1日にスタートした新しいマジックショー、マジック・オブ・グアム(Magic of Guam)も2人のマジシャンが登場する豪華で贅沢なパフォーマンスが展開され、見どころ満載!ぜひおすすめしたいショーです。



1_Magic Show P380.jpg
グアム1と言ってもいいほど有名な
マジシャン、ハンク・ライス(Hank Rice)さん。
テンポよくノリノリでステージを盛り上げます。



人気ローカルブランドの筆頭に挙げられるアパレルブランド「クラウンズ(CROWNS)」。昨年夏にTギャラリア グアム by DFS(T Galleria Guam by DFS)に店舗が登場したというニュースは、こちらウィークリーグアムでもお伝えしましたが、その後一旦売り場が姿を消していました。なんと、ここに並ぶ商品はすべてTギャラリア グアム by
日本で話題のスーパーフード。グアムで買ったり、食べたりできるスーパーフードを、以前からこのウィークリーグアムでご紹介してきました。今回ご紹介するのは日本では知名度があまり高くないかもしれませんが、その効能を知れば絶対欲しくなるおすすめの食べ物です。グアムでは日常生活に、上手に、おいしく取り入れていますよ。
0325_Moringa-1.JPG
グアムの人が上手に食事に取り入れている
スーパーフードがこちら!
モリンガです。
そのスーパーフードは奇跡の木、生命の木とも呼ばれるモリンガ。日本では「ワサビノキ」という名で呼ばれています。とても栄養価が高く、スーパーフードとして知られています。
1971年のオープン以来、グアムのショッピングシーン牽引してきたTギャラリア グアム by DFS(T Galleria Guam by DFS)は現在、ブランドブティックには2016年の春夏アイテムが勢ぞろいし、この3月は「#MUST PACK(旅の必需品)」をテーマにファッションキャンペーンを開催中。世界のラグジュアリーアイテムを取り扱うリテーラーとして、そして世界から訪れる旅行者のショッピングスポットとして日本人ツーリストの皆様にもおなじみのスポットです。



1_P1140033.JPG


実は、Tギャラリア グアム by DFSの "T"
グアムは年間80万人を超える日本人ツーリストのみなさまをお迎えし、観光業で働く島民はもちろん、日本人と結婚し家庭を築き、家族や親戚の集まりで日本人と付き合いのある人もたくさんいます。そのため、日本に関心のある人も多く「日本に旅行に行ってきた」という話しもよく聞きます。こちらに住んでいると「和食の作り方を教えて」とか、さらには「日本に旅行に行くから通訳として付いてきて」と言われることまであります。 毎年3月に開催されるグアム日本人会(Japan Club of Guam)主催のアート&クラフトフェア(Art & Craft
先週に続き、グアムでは3月はチャモロ月間(Chamorro Month「チャモロ月間」)です。グアムの歴史の大きな転換期となった、ポルトガルの冒険家マゼラン一行によるグアム上陸が1521年3月のこと。以来、島の人々の暮らしは言語、宗教、食事、服装などあらゆる面で劇的な変化を遂げてきました。
しかし1970年代に入り、外国による統治、生活の西洋化、さらに後継者問題などにより衰退の途にあったチャモロ文化や自分たちのルーツを見つめ直そうと、政府が毎年3月第一月曜日をグアムのディスカバリーデー(Discovery
"ビバチャモロ(BIBA CHAMORRO)"、"メスチャモロ(MES CHAMORRO)"、"チャモロマンス(CHAMORRO MONTH)"、3月のグアムではこれらのキャッチフレーズを様々なところで目にします。1521年3月6日にマゼラン一行がグアム島に上陸したことが契機となり、グアムは世界の舞台にその名を知らしめるようになりました。同時にグアムはヨーロッパ文化の影響を受け、生活を劇的に変化させていきました。500年近く経った今でも島民の多くが信仰するキリスト教の到来もこの時期に始まります。グアムの歴史を語る上で大きな転機となった3月を「チャモロマンス」(Chamorro