グアムのCOVID-19に関する最新情報

こちらをクリックしてください

Image
More
Go
Go
menu icon close menu icon

Posts from April 2012

グアムは、日本全国10都市から約3時間半の直行フライトで行けるという気軽さもあって、英語が苦手な方でも「身近なグアムなら...」と海外旅行の候補に思う方は多いかもしれません。実際にグアムのレストランやショップの店員さんの中には、日本語がわかる方もかなりいます。とはいえ、グアムの公用語は英語ですから、「グアム旅行をきっかけに英語の勉強をしよう!」なんて思うのもいいかもしれません。
今回は、英語の初級者から上級者まで、グアム旅行のついでにできる英語の勉強アイテムや勉強方法をご紹介いたしましょう。


英語の初級者なら絵本はいかがでしょうか?
日本でもおなじみの絵本もありますので、

今年のゴールデンウィーク、皆さんは何日お休みですか?長い方では9連休、という方もいらっしゃるようですね。DFSギャラリア・グアムでは、お盆やお正月などの特別なお休みに合わせてプロモーションが行われていますが、4月28日(土)から5月6日(日)のゴールデンウィークにも、プロモーションが開催されます。買い物の楽しみを倍増するような各種のおもてなしやご家族で体験できるコーナー、子供たちが楽しめるイベントなどが目白押しです。お目当てのイベントが見つかれば、その時間に合わせておでかけになってはいかがでしょうか。


タモン地区プレジャーアイランドの中心施設DFSギャラリア・グアム。

グアムに来たからには、ビーチアクティビティを楽しみ、観光も買い物も満喫すべき!でも食後のちょっとしたリラックスタイム、突然のスコールで足止めされた時、同行者の長時間のショッピングで待っている間など、旅先でホッと落ち着ける場所を確保しておくととっても便利です。そんな時には、個室でゆったりリラックスできるカラオケで過ごしてしまうという手も!
今回はタモン地区プレジャーアイランド内のザ・プラザに新規オープンしたカラオケボックス&スポーツバー「S-スタイル(S-STYLE)」をご紹介いたします。


日本語でも安心して遊べる日本人経営、日本語スタッフ常駐のお店です。

万一の出費にも安心のクレジットカード。海外旅行にも欠かせない必需品ですが、中でもJCBカードは、日本発唯一の国際クレジットカードブランドです。日本人旅行者が年間通して80万人を超えるグアムでは、JCBカード会員に対して充実したサービスが用意されています。そのグアムでのサービス拠点となるJCBプラザ ラウンジ・グアムが、4月1日(日)に場所を移転して、さらに便利で快適になったという情報をキャッチしましたので、今回取材してきました。



今回の取材では、タモン湾の最北端にある「ファイファイパウダーサンドビーチ (Fai Fai Powder Sand Beach)」で、週末の一日を過ごしてきました。タモン湾沿いの秘境に位置するファイファイパウダーサンドビーチは、WEEKLY GUAM初登場のプライベートビーチ。開業7周年を記念して、デイツアーもハーフデーツアーも、大人料金が$10の割引とお得な価格設定になっています。送迎バスを降りて、海岸沿いの崖に作られた小道や橋を伝って進んで約10分、白砂の美しいビーチに到着します。そこには素朴な佇まいのビーチハウスがありました。


豊かな緑と鮮やかな南国の花が迎えてくれます。


赤、青、緑、黄色・・・。アメリカで売られている商品には、原色のはっきりとした濃い色使いのものが多い気がしませんか?そんなカラフルなイメージは、スイーツでも同じです。日本だとそんなに濃く色づけされた食べ物はあまり見かけないので、口に入れるのはちょっとためらってしまいそうですよね。でも、そんなカラフルなアイテムこそ、アメリカらしさの象徴ともいえますし、陽気なグアムにもピッタリです。
そこで、今回はグアムならではのカラフルなスイーツをたくさん紹介いたします。皆様のお土産にもおすすめですよ。


アメコミに出てきそうなカラフルなペロペロキャンディ!
<写真:キャンディヘッドクォーター>


甘いものが大好きなグアムの人たち。ボリュームたっぷりのバーベキューを食べた後でも「デザートは別腹」とばかりに、男性も年配の人もケーキやクッキーを食べるのが当たり前です。

そんなローカルの人たちが共通して好きなスイーツと言えば「シナモンロール(Cinnamon Roll)」。

ティータイムのおやつはもちろんのこと、差し入れに、手土産にと様々な形で利用され、いただいた方は思わずニッコリしてしまう、グアムでは魅惑のスイーツなのです。

今回はスーパーで売っているシナモンロールから、シナモンロールの専門店のものまで、幅広くご紹介いたしましょう!


グアムを代表するとある観光スポットのフェンスに着けられた膨大な数のロックキーやラゲージタグ、キーホルダーなど...、良く見るとそのひとつひとつには自筆のメッセージが書かれています。ほとんどが日本語ですが、中には韓国語や英語も見られます。メッセージの多くが、愛の成就を願ったり、ご家族の健康や幸せを祈願したりしたものですが、一番多いのがカップルや夫婦と思われる男女の永遠の愛を約束したり願ったりするメッセージです。実はこれは、世界的に行われている「ロック・ユア・ラブ(Rock Your Love)」と呼ばれる習慣なのです。皆さんご存知でしたか?

グアムの固有の文化「チャモロカルチャー(Chamorro Culture)」。他の太平洋の島々とは異なるミクロネシア独自のエキゾチックな生活様式や習慣が、この島では古代から受け継がれてきました。様々なアクティビティで実演されるヤシの葉編みなどもその一つです。しかし、現代ではそのような暮らしぶりに触れる機会はほとんどありません。なぜなら、古代チャモロ時代の生活はスペインから派遣されたマゼランによるグアム発見と共にスペイン、日本、アメリカの影響を受け現代に至り、代々受け継がれてきた文化の伝承が難しくなってきているからです。
今回は、4月1日(日)から「グアムビーチ&カルチャーパーク(Guam

日本の学生さんはもう新学期。新社会人や、既に会社にお勤めの方も部署替えなどが行われたりして、気持ちも新しくリフレッシュする季節ですよね。そんなときにおすすめなのは、グアムで手に入るステーショナリー。日本では輸入雑貨を扱っているお店でしか見かけないような、アメリカンなムードいっぱいのノート、ペンなどがありますよ。今回は、そんな文房具類を一挙にご紹介します!


カラフルなペンやクレヨン、はさみなど。
筆と絵の具がセットになったお絵描きセットのようなものもありましたよ。
(写真:Kマート)