グアムのCOVID-19に関する最新情報

こちらをクリックしてください

Image
More
Go
Go
menu icon close menu icon

Posts from May 2011

グアムではほとんどの学校が今週から夏休みになりました!日本ではゴールデンウィークが終わってまだ間もないですが、こんな話を聞くと子供たちは夏休みが待ち遠しくてたまりませんね。 夏の特別イベントや、各オプショナルツアーが企画するサマーキャンペーン情報も届いてきました。ぜひ皆さんの夏休みの旅行の参考にしてください。まずはグアム政府観光局のサマーキャンペーン情報から紹介しましょう。

グアム政府観光局では7月1日(金)から「グアム

アメリカと同じ教育システムであるグアムは、今巣立ちの季節を迎えています。8月から新年度がスタートし、5月末から6月上旬にかけて終業や卒業の時期となります。アメリカでの学年の数え方は1年から12年まで。地域や学校によって多少の違いはあるものの、一般的には就学前の2~3年をプリスクール(幼稚園・保育園)で過ごし、1~5年生がエレメンタリー(小学校)、6~8年生がミドルスクール(中学校)、9~12年生がハイスクール(高校)となっています。一年の就学を終え長い夏休みに入るこの時期、小中高の卒業の時期に当たる子供たちは、特別な気持ちでこの時期を迎えるのです。

グアム旅行といって真っ先に思い浮かぶのは、青い空とエメラルドグリーンに輝くビーチ。でもそれと同じくらい「ショッピングがお目当て!」という方も多いはず。ブランド品からコスメ、かわいい雑貨、アメリカンな食べ物までいろいろなアイテムが揃うこの地で、「グアムでしか!グアムに来ないと!」手に入らない限定アイテムのいくつかをご紹介します。皆さんのショッピング欲がうずうずし始めますよ~。


まずは、バッグの人気ブランド「レスポートサック(LeSportsac)」から。グアムに来た方が一番よく耳にする現地の言葉といえば「ハファデイ!(Hafa

たくさんの人々が集まるブティックやライブハウス、グアムの企業などではそれぞれの商品やサービスを活かして、震災を受けた日本を支援する活動を行っています。 まず初めにご紹介するのは、オールディーズを楽しめる「ケントス(KENTO'S)」で4月29日(金)に開催されたチャリティライブです。多くのローカルと観光客の方が来場し、午後7時から始まったイベントは閉店の深夜2時まで続き、客席も会場も集まったお客さんで終始いっぱいのまま、大盛況で幕を閉じました。

店内はバーカウンターもソファースペースも人、人、人! ステージで歌うアーティストの音楽に合わせて、 ダンスをする人々もたくさんいましたよ。

3年目を迎え、旅行者にもずいぶん浸透してきたグアム政府観光局主催のグアム・アイランド・フィエスタツアー。5月8日(日)の母の日に、メリッソ村で行われたツアーに参加してきました。グアムは南に行けば行くほど、牧歌的な暮らしや長閑な風景が広がっています。タモン地区からバスに揺られ車窓から見える景色が、徐々に自然の美しさに包まれはじめます。

フィエスタ(村祭り)を象徴するキリストの像と グアム固有のレッドライスがブッフェテーブルを飾ります。

「フライドチキンと言えばケンタッキー!」と言っても過言ではないほど、日本でもすっかりお馴染みのケンタッキーフライドチキン。カリッと揚がったアツアツのチキンは、時々無性に食べたくなりますよね。もちろんグアムでも人気のファーストフードで、「KFC(ケーエフシー)」と呼ばれ親しまれています。でもツーリストの皆さんは「日本でも食べられるから」とついつい敬遠しがち。でもちょっと待って!グアムのKFCには日本では絶対お目にかかれないローカルメニューがあるんです!


日本の震災復興を応援するさまざまなイベントが現在も続くグアム。その中には、ツーリストの方でもグアムをエンジョイしながら日本へ寄付ができるものがたくさんあるんですよ。今週はそんなチャリティ企画のいくつかをご紹介します。

大自然にかこまれたグアムを体感できるものといえば、イルカウォッチングやジャングル探索などがあります。これらのオプショナルツアーを催行しているタートルツアーでは、ツアー代金から一人につき50セントを義捐金として寄付する企画を実施しています。

豊かな自然あふれるグアムで、 イルカウォッチングなどのツアーを楽しみながら 日本へ寄付できるのはうれしいですね。


オプショナルツアーから帰ってきた後の食事までの束の間のひととき、ショッピングの合間、食後のリラックスタイムなど、ちょっとした時間を利用してローカルアーティストの素敵な作品を見てみませんか。 今、ハイアットリージェンシーグアムでは画家マーク・デリソラ氏の作品展が開催されています。見る人を圧倒する、色鮮やかで情熱的な作品は一見の価値がありますよ。


先日テレビで、福島県で桜が開花したことや、被災地に咲いた水仙の花のことなどを拝見しました。今回の災害にも負けずしっかりと地に根を張り、美しい花を咲かせる姿に勇気づけられた方も多いことでしょう。震災からもうすぐ2カ月になろうとしていますが、グアムでは引き続き、さまざまなチャリティーイベントが開催されています。被災地は少しずつ復興に向けて歩み始めていますが、これからもグアムで行われている支援活動はお伝えしていきたいと思います。

グアムの人は食べることが大好き。外食ももちろん大好きです。次々と新しいレストランがオープンしているグアムのローカルたちは、今日はこっち、明日はあっちと食べ歩きに大忙し。新しいレストランの前には長蛇の列ができ、グアムの人の「食」への関心の高さが伺えます。 そんな中、久しぶりにお寿司の新しいレストランがオープンしました。お寿司はローカルの大好物のひとつ。オープン早々に、店の前には長い列が出来ていました。皆さんのお目当ては、私たち日本人の想像を遥かに超える「創作寿司」です。