グアムのCOVID-19に関する最新情報

こちらをクリックしてください

Image
More
Go
Go
menu icon close menu icon

Posts from July 2020

マスク着用が当たり前となった今、皆さんはマスクを何枚所有しているのでしょう?人によっては1日数回取り替える人や洋服に合わせてマスクを選ぶ人もいるよう。

グアムでもおしゃれマスクが多数登場!グアムの紋章デザインからトロピカルデザイン、どんな装いにもシーンにも使えるシンプルデザインなものなどなど、おすすめのお店とそこで見つけたマスクを紹介します。

こちらはチャモロビレッジ(Chamorro Village)内に店を持つGU ベイビー バイ キューティー ペチュニアス(GU Baby by Cutie Petunias)のマスク。

日本ではまだ馴染みの少ないベジタリアンやヴィーガン。肉や魚を食べず、野菜や果物で食事をとる菜食主義の人たちのことです。

アメリカではここ数年で急激にその数を増やし、その流れを受けてグアムでも菜食主義者が増加。そして菜食主義ではなくても、ベジタリアンまたはヴィーガンフードを普段の生活に取り入れる人も増えてきました。今では多くのレストランで菜食主義者向けのメニューが用意されるようになり、専門レストランも登場。賑わいをみせています。

こちらもヴィーガンフード専門店「アイム イントゥ サムシング グッド (I'm into something GOOD)

グアムを代表する観光スポットであり、絶景スポットである恋人岬 (Puntan Dos Amantes / Two Lovers Point) 。

現在はツーリストがまったくおらず、とっても静か。こんなに静かな恋人岬は初めてです。

展望塔からの美しい景色は絶好のシャッタースポットですが、久しぶりにここを訪れてみると他にもたくさんの撮影おすすめポイントがありました。紹介していきましょう。

まずはこちら。TWO LOVERS POINT の文字の前の赤いハートに入って記念撮影。これはすでに知っている人も多いかもしれません。

グアムを代表するお土産ブランドとして以前「グアム1 (GUAM1) 」を紹介しました。その時に新商品として紹介したグアム1クラフトジン (GUAM1 Craft Gin) 。今回はその製造過程と、この夏世界的に有名な2つの大会で受賞した素晴らしい賞を紹介します。

前回の記事は こちら をご覧ください。

グアム1クラフトジンが造られているのはタムニング (Tamuning) にある蒸留所。ジンの伝統的な8種類の原材料 (ジュニパーベリー、コリアンダーシード、シナモン、カルダモンシード、ナツメグ、アンジェリカルート、オリスルート、みかんの皮)

今回紹介するのはとってもかわいいコーヒーショップ、エレべンシス (elevenses) 。オープンしたのは今年1月。営業が軌道にのり、ツーリストにもぜひ来てほしいと思っていた矢先にパンデミックによる一時休業。しかし5月にテイクアウトのみで再オープン、現在は店内飲食も可能になっています。

とても小さなお店ですが、インテリアがとにかくかわいい!以前、ウエディングの仕事に携わっていたというオーナーのデコレーションセンスをいかし、写真映えもばっちり。

写真を撮っていく人も多いため、時々デコレーションを変えて、来る人に喜んでもらっているそう。

4月末にグアム政府から発表された「復興ガイドライン」。それは4段階にわかれており、ロックダウン当初のPCOR1からPCOR2へ移行したのが5月10日。それから2か月以上経ち、ようやく今週月曜日7月20日にPCOR3へ移行しました。

これによりすべてのビジネスが再開可能に。そして集会やパーティーなど人が集まる時は最大50人までとなりました。

しかし、まだ多くの感染者がおり、感染リスクは依然高いことから「公衆衛生緊急事態宣言」は8月29日まで延長されています。

さて、気になる日本からグアムへの入島について。7月24日から検疫内容が変更となります。

グアムの7月21日はリバレーションデー (Liberation Day) 。1941年から1944年まで続いた旧日本軍による統治が終わり、再びアメリカの統治下に戻ったことを祝う記念日です。毎年この日にはリバレーションデーパレード (Liberation Day Parade) が開催され盛り上がりますが、今年は中止。静かなリバレーションデーとなりました。

昨年のリバレーションパレードの様子は こちら をご覧ください。

そこで、久しぶりにパレード開催地であり、グアムの政治と経済の中心地、そして人気レストランが多数集中するハガニア地区を歩いてみました。

新型コロナウイルスのパンデミックにより休業を余儀なくされていたウォーターパーク、スイミングプール、フィットネスセンターですが、6月8日より再開が許可されています。ローカルの人たちが待ち望んでいたフィットネスセンターはさまざまな制限下ではあるもののすぐにオープンしましたが、ツーリストにもお馴染みのレクリエーション施設であるウォーターパークは未だオープンしていない施設もあります。
現在、オープンしているオンワードウォーターパーク (Onward Waterpark) で感染予防対策について話を伺ってきました。

その土地の気候や土壌にあった作物を育て、その地域で消費する。流通経路が短いため新鮮な状態で消費者へ届けることができる他、スーパーマーケットでは年間通して豊富な野菜や果物が並ぶ昨今、旬の作物を知ることもできる。また地域の農業を活性化させ、その地に根付いた食文化や食生活を守ることもできる。

日本では数十年も前から取り組まれてきたこの「地産地消」という概念、私が住み始めた十数年前のグアムにはまだそのような考えはなく、ただスーパーマーケットに並ぶ輸入品の少し元気のない野菜たちの中からちょっとでも状態のいいものを探して買い求めたものでした。

新型コロナウイルスによるロックダウン後はレストランも休業。オープンしていても店内飲食は不可なためテイクアウトのみの営業となりました。そこでレストランが力を入れてきたのがテイクアウトメニュー。

もともとグアムではほとんどのレストランでテイクアウトが可能でしたが、ロックダウン後に新しく登場したテイクアウト用のメニューはとても豪華な内容。当初はパーティーはもちろん、同世帯以外の人と集まることが禁じられていたため、メニューは家族向け。ファミリープラッターと呼ばれるものが数多く登場しました。

こちらはトニーローマ(Tony Roma's)のリブプラッター(Rib Platter