グアムのCOVID-19に関する最新情報

こちらをクリックしてください

Image
More
Go
Go
menu icon close menu icon

Posts from January 2012

ショッピング天国グアムでは、ブランド品から手ごろな値段でかわいいと思うアイテムまで、多くの方のショッピング欲に火をつける商品が揃っています。ですがやっぱり見逃せないのはグアムでしか見つけられない限定品。2012年の景気付けに、これらの限定アイテムと今年注目のアイテムを一挙にご紹介いたしましょう!


1月22日(日)、チャモロビレッジ横にある「グアムフィッシャーマンズ・コープ(GUAM FISHERMEN'S CO-OP)」において、4回目となる「チャモロ・ルナ・カレンダー・フェスティバル(Chamorro Lunar Calendar Festival)」が開催されました。「ルナ(Lunar)」とは「月の」という意味です。このフェスティバルは、毎年1月に開催されています。ポスターには、幻想的な美しい月を背景にして、チャモロ文化を紹介するイラストが描かれていました。


日本と同じように、グアムでは子供から大人まで、余暇を利用して様々なスポーツを楽しんでいます。しかし、グアムは人口の少ない小さな島なので、施設や道具などのスポーツに関する環境は、日本と比べるとまだ成長段階といえるかもしれません。
そんなグアムにも、最近、人工芝の素晴らしいサッカー場が完成しました! FIFA(国際サッカー連盟)のジョセフ・ゼップ・ブラッター会長がグアムを訪問して、2011年12月9日(金)、この新しくできたサッカー場の落成式が行われました。


FIFA のブラッター会長(後列左から2番目)のグアム訪問は初めてです。
地元サッカークラブのメンバーとも記念撮影をしました。


マイクロネシアモール2階にあるコスメショップ「ナチュラル(Natural)」。日本でも人気のネイルブランド「O・P・I」や自然派化粧品として韓国で生まれた「フェイスショップ (Face Shop)」などの各種商品の他、日本で注目されている人気ブランドコスメやスキン・ボディケア商品を豊富に取り揃えたセレクトショップです。


今までにも何度か紹介した、グアム政府観光局主催の「グアム・アイランド・フィエスタツアー」。フィエスタとは、各村々に祀られたカトリックの守護聖人に感謝を捧げるお祭りで、グアムではカトリックが布教した16世紀に始まり、以降300年以上続いている行事です。

元々はローカルだけのお祭りでしたが、ツーリストが参加できるようになったのは2年前。「グアムの文化が集結したこのイベントへツーリストにも参加していただいて、グアムのことをより深く体験してもらいたい」との思いから始められました。

旅行から帰ってくれば、たいていはご家族やお友達に旅先で撮った写真を見せながら、そこでの思い出を話すものですよね。でも、相手とすぐに会えない場合には電話などで、写真も見せられず口頭で説明するだけ・・・。そんなとき、美しいビーチが広がるグアム旅行に来たのなら、なおさら「このきれいな景色をみんなにも見せてあげたい!」とうずうずしてしまいそうじゃありませんか?


今日ご紹介するのは、グアムでの思い出をオリジナルアルバムとして作れるサービスです。これはグアム政府観光局で行っている「Hafa Adai! Omoide Guamキャンペーン」の一環、「Omoide Guam

鮮やかな色使いと独特の世界観で、日本でも人気を誇るブランド「アナスイ(ANNA SUI)」。その高いデザイン力ゆえに世界各国で愛され、ファッションアイテムから化粧品まで幅広いアイテムを作り続けています。「ザ・プラザ」に2011年12月13日(火)オープンしたアナスイの新店舗には、Tシャツなどの洋服からサングラスやハンカチなどのファッション小物、バッグや財布、ジュエリーがラインナップ。そしてフレグランスやコスメ類もそろった、魅力いっぱいの品ぞろえとなっています。


おなじみの黒と紫色でデザインされたおしゃれな店内。
オープニングに飾られたお花も、このブランドカラーで統一されていました!


年が明けてこれから春先ころまでにかけて、日本では一番寒さが厳しくなる時期であり、様々なスポーツ選手が自主トレーニングの地として暖かいグアムを訪れる時期でもあります。現在は阿部慎之助選手をはじめとして、読売ジャイアンツの選手たちがトレーニングのためにグアムに滞在しています。そして選手たちの滞在期間中に、ここグアムで東日本大震災復興支援のためのイベント実施が、1月6日(金)と1月14日(土)の2回予定されています。そこで、6日(金)に行われた1回目のイベントに出掛けてきました。

ずらりと勢揃いした読売ジャイアンツの選手たち。

今年の1月は、お正月休みから9日(月)の「成人の日」まで、普段より長めに休暇を取れたラッキーな方も多かったのではないでしょうか。そのためか、例年ならば旅行客の波が落ち着く頃にもかかわらず、今週も日本人旅行客の方でグアムの街中はいっぱいです。


今回のレポートでは、グアムでの年越しと新年のイベントの模様をご紹介します。「一度は海外で年を越してみたい!」と思っている方にとって、日本からの飛行時間が短くて時差もほとんど無く、そのうえ一年中暖かいグアムは、お正月を過ごすにはおすすめの場所ですよ!


レストランのビュッフェで用意されていた「HAPPY NEW YEAR」のメッセージ付ケーキ。

年末年始にはお節料理をはじめ、ご馳走を召し上がられた方も多いとは思いますが、グアムにも美味しい料理がたくさんあります。今年もWEEKLY GUAMではグアムの美食をたくさん紹介していきたいと思います。


今年1回目のグルメ情報は「お寿司」です。お寿司はいまや世界各国で愛されている、日本を代表する料理。グアムでは和食好きのローカルが多く、中でもお寿司は大人気です。和食レストランはもちろんのこと、スーパーマーケットのお惣菜コーナーやショッピングセンターのフードコートにも、お寿司は当たり前のようにあります。


マイクロネシアモールのフードコートには、スシ・ショップがあります。