グアムのCOVID-19に関する最新情報

こちらをクリックしてください

Image
More
Go
Go
menu icon close menu icon

Posts from April 2020

広大な芝生の向こうに広がる青い海、どこまでも広がる緑の芝生が美しいアサンビーチパーク。1号線マリン・コー・ドライブ(Marine Corps Drive)をアガニアより車で5分ほど南下した先にある海沿いの大きな公園で、正式名称はウォー イン ザ パシフィック ナショナル ヒストリカル パーク(War In The Pacific Historical Park) と言い、日本語では太平洋戦争国立歴史公園と呼ばれています。

海岸沿いに一列に並ぶ椰子の木が美しいことでも有名で、
この景色を見に訪れる人も多いはず。

交通規制が実施されている中、病院への通院、生活必需品の買い物、銀行へ行くなどの必要不可欠(Essential/エッセンシャル)な事柄以外の行動は控えなければいけない現状です。
エッセンシャル=必要不可欠ということがロックダウンの中でとても重要視されていますが、 それはスーパーマーケットや生活用品を販売するお店の商品にも影響が出ています。

3月20日から始まったコロナウィルス感染症拡大予防に伴うグアムのロックダウン。多くのビジネスが営業停止を余儀なくされましたが、医療関係、スーパーマーケット、飲食店などのエッセンシャルビジネス(Essential Business)と呼ばれる必須業務は営業を続けています。飲食店に関しては店内での飲食をすることは一切出来なくなり、テイクアウト(持ち帰り)のみでの営業となりました。感染のリスクを防ぐ為、各店さまざまな工夫と対策をしながら営業を行っています。
その様子をご紹介します。

グアム島一周のドライブに出かける際、幹線道路から少し外れて立ち寄ってみたいのがニミッツヒルという丘の上にある展望台。日本語ではアサン展望台やニミッツヒル展望台などと呼ばれ、英語ではアサンベイ▪オーバールック(As an Bay Overlook)と名付けられています。

タモンからは車で30分ほど。マリン▪コア▪ドライブを南下し、アデラップのガバナーズオフィス前の信号を左折、坂道を上っていきます。

こちらが展望台の入り口。ここは太平洋戦争国立歴史公園の一部に指定されています。

駐車場に車を停めて奥へ進むと目の前にこのような景色が広がります。

(写真上)

3月20日(金)から始まったロックダウン。日常生活に関わるビジネス以外のすべてがクローズし、人々が集まることは禁止。島民には外出禁止が要請されていますが、4月11日(土)から不要不急の外出を抑制することを目的に交通規制が実施されています。

交通規制は4月11日から毎日午前10時から午後10時まで。マリン▪コア▪ドライブなど島内の主要幹線道路の4箇所に交通規制地点を設け、警察官や国家警備隊員による外出先や外出目的の確認が行われています。外出に対する罰金や罰則はありませんが、ウイルスの感染を抑えるためできるだけ自宅で過ごそうという呼び掛けが行われています。

3月20日(金)に始まったロックダウン(封鎖)。4月7日(火)現在で17日目となりました。スーパー、銀行、医療関係など生活の基本となる一部を除くすべてのビジネスがクローズとなるロックダウン(封鎖)が5月5日(火)まで延長されることが決まりました。

さて今回はこのロックダウン後によく聞かれるようになった「ソーシャル・ディスタンス(Socail Distance)」という言葉について。

4月12日はイースター。人々の罪を背負い、十字架にかけられ亡くなったイエスキリストがその3日後に復活したという、キリスト教徒にとってはとても大切な日。グアムでも本来ならたくさんのイベントが開催されますが、今年は新型コロナウイルス感染拡大を受けてすべて中止。グループで集まることを控えるようグアム政府より要請があるため、家族集まってのパーティーも難しそう。
毎年イースターは3月または4月に当たるので「春の到来を告げるイベント」などと言われることもあるだけに、とても残念です。

しかし、自然界では着々と次の季節への準備が進められています。

グアム島内で新型コロナウイルス感染拡大を受け、3月20日にロックダウン(封鎖)。不要不急の外出を控えるよう島民に要請していた『公衆衛生緊急事態宣言』は4月13日(月)まででしたが、5月5日(火)まで延長され、食料や日用品の買い物、病院など医療機関へ行く場合などを除く外出は控えるよう改めて厳しく要請されました。

また公私を問わず人が集まる集会は禁止。あらゆる公共の場でのアルコールの飲酒も禁じられました。

「STAY HONE(家にいよう)」「DISTANCING(距離をとろう)」という看板が島のあちらこちらで見られます。

ホテルが多く立ち並ぶホテルロード沿いにある公園、イパオパーク。正式名称はガバナー ジョセフ フローレス ビーチ パーク(Govenor Joseph Flores Beach Park)ですが、この公園があるタモン地区イパオの地域の名から、イパオパークの名称で親しまれています。公園はビーチに隣接しており、海水浴やシュノーケルを楽しむ人も多く、週末にはたくさんの人で賑わいます。
安全に楽しく利用するために、今日はイパオパークのあれこれをご紹介します。

場所はタモン地区ホテルロード沿い、
パシフィックアイランドクラブ(Pacific Island Club)と、ヒルトン グアム

コロナウィルス感染症の流行によりグアムでも発令された3月20日から始まったロックダウン。ほとんどの学校は3月16日から休校となり、さらに公共の公園やビーチなども閉鎖となりました。街には車も少なく、人々は買い物などの不要不急の用事以外ではできるだけ外出を避け静かにこの時を過ごしているようです。
もう少し続くグアムのロックダウンですが、幸いにも個人で行うジョギングなどは禁止されていないので、安全に少しでも運動不足とストレス解消しようと、多くのホテルが建ち並ぶホテルタモン地区のホテルロードにジョギングへ行ってみました。