グアムのCOVID-19に関する最新情報

こちらをクリックしてください

Image
More
Go
Go
menu icon close menu icon

Category - 自然

雲が多くなり雨季がはじまった気配のグアム。本格的な雨季の前にと、久しぶりのトレッキングに出かけてきました。
今日目指す場所は「タンクファーム」。グアム島の中央に位置するマネンガン・ヒルズにある人気のトレッキングコースで、第二次世界大戦中にアメリカが開発した中戦車、通称シャーマンが打ち捨てられている場所です。

tank001

マネンガンヒルズは、プロ野球やサッカーチームがキャンプを張ったり水泳の日本代表合宿に使われたこともあるレオパレスリゾート・グアムの周辺に広がる丘陵地域です。
島のほぼ中央といってもいい場所に位置するため、高い場所に立てば東海岸の太平洋から西海岸のフィリピン海も同時に見えてしまいます。

tank002

グアムで一番美しいビーチは? と聞かれたらたいていの人が「リティディアンビーチ!」と答えるでしょう。

リティディアンビーチ(Ritidian Beach)はグアム北端のリティディアン岬の下に広がるビーチ。広くて白い砂浜がいかにも南国チックです。南国チックというのは表現が少し軽すぎるかもしれません。天気の良い日に訪れれば、いつかコマーシャルで見たことがあるような素晴らしい風景を堪能できるはずです。

その土地の気候や土壌にあった作物を育て、その地域で消費する。流通経路が短いため新鮮な状態で消費者へ届けることができる他、スーパーマーケットでは年間通して豊富な野菜や果物が並ぶ昨今、旬の作物を知ることもできる。また地域の農業を活性化させ、その地に根付いた食文化や食生活を守ることもできる。

日本では数十年も前から取り組まれてきたこの「地産地消」という概念、私が住み始めた十数年前のグアムにはまだそのような考えはなく、ただスーパーマーケットに並ぶ輸入品の少し元気のない野菜たちの中からちょっとでも状態のいいものを探して買い求めたものでした。

日本でもコロナの影響によりおうち時間が増え、家庭菜園人気が上がったようですが、それはグアムでも同じ。一時はホームセンターなどで家庭菜園用の土が売り切れるということもありました。
わが家も土を買いに走った一人ですが、それ以前からフルーツや野菜を育てていました。春から夏にかけてはトロピカルフルーツの収穫シーズン。今回はわが家の最近の収穫物を紹介します。

わが家の収穫物は日本では見かけないものばかり。トロピカルフルーツ&ベジタブルです。 家で過ごす時間が多くなったため、その成長過程もじっくり観察することができました。

4月12日はイースター。人々の罪を背負い、十字架にかけられ亡くなったイエスキリストがその3日後に復活したという、キリスト教徒にとってはとても大切な日。グアムでも本来ならたくさんのイベントが開催されますが、今年は新型コロナウイルス感染拡大を受けてすべて中止。グループで集まることを控えるようグアム政府より要請があるため、家族集まってのパーティーも難しそう。
毎年イースターは3月または4月に当たるので「春の到来を告げるイベント」などと言われることもあるだけに、とても残念です。

しかし、自然界では着々と次の季節への準備が進められています。

ホテルが多く立ち並ぶホテルロード沿いにある公園、イパオパーク。正式名称はガバナー ジョセフ フローレス ビーチ パーク(Govenor Joseph Flores Beach Park)ですが、この公園があるタモン地区イパオの地域の名から、イパオパークの名称で親しまれています。公園はビーチに隣接しており、海水浴やシュノーケルを楽しむ人も多く、週末にはたくさんの人で賑わいます。
安全に楽しく利用するために、今日はイパオパークのあれこれをご紹介します。

場所はタモン地区ホテルロード沿い、
パシフィックアイランドクラブ(Pacific Island Club)と、ヒルトン グアム

グアムといえば美しいビーチ!カラフルな魚達に出会えることも珍しくないですね。そんな魚ばかりに目が行きがちなグアムに動物園があることをご存知ですか?タモンのホテル街にあるアットホームな私設動物園では、動物達をとても間近に見ることができます。絶滅危惧種の動物もいるグアム動物園に行ってきました。

ホテルロードにあるホリデーリゾート&スパ グアム(Holiday Resort Spa & Guam)の駐車場を通り過ぎ、マタパンビーチパークの方に進むと写真にあるようなラッテストーンが見えます。その奥右手が動物園入り口。黄色いZOOサインが幾つかありますので、それを目指してくださいね。

広大な自然が美しいグアムウィンドワードメモリアル(Guam Windwards Memorial)という墓地で、バレンタインズデイ フードトラックラリー(Valentine's Day food truck rally)というイベントが開催されました。
愛を祝うバレンタインにちなみ天国に逝ってしまった大好きな人たちを思い敬うことを目的に、会場には今グアムで人気のフードトラックや様々な催しものが用意されました。
今回が第一回目となるこのイベント、快晴のこの日たくさんの人が訪れ、美しいメモリアルパークでの時間を楽しみました。

グアムに来たら是非見てもらいたい南国特有の美しいサンセット。季節によって沈む位置や時間は変わるものの、沈むのは島の西側のフィリピン海側。そんなグアムのサンセットをクルージングをしながら楽しめるツアーを今日はご紹介します。昼は美しいグアムの海を存分に楽しめるマリンアクティビティが、夜は本格的なアイランドカルチャーショーが大人気のフィッシュアイマリンパークで行なっているサンセットクルーズ。プライベート感がある贅沢なクルージングが楽しめます。

送迎は主要ホテルで利用できます。そしてお迎えの時間は季節ごとに変動するので予約時に確認、またはホームページでチェックしてください。

グアムの熱帯植物園サンキョーガーデンは、
グアム大学やマンギラオゴルフクラブで有名なグアム東部に位置するマンギラオ地区にあり、
3000坪の敷地に150種類以上の花が咲くアットホームな手作り庭園。
1978年に海洋学者のハリー・カミ氏が造った庭園を、
ナチュラリストの長妻和夫氏がさらに拡大整備して本格的に仕上げたそうです。
実際に中を散策してたくさんの花と触れ合ってきたので紹介します。
入り口ではカラバオ(水牛)のオブジェが出迎えてくれました。
庭園内は自由に歩き回って散策でき、
予約すれば日本人スタッフによる花や植物の説明をうけることができます。
事前予約またはツアーでの参加がおすすめです。