More
Go
Go
menu icon close menu icon

Tag - レストラン

昨年7月にオープンしたホテル、ザ ツバキ タワー(The Tsubaki Tower )。パンデミック最中でのオープンで、まだ多くのツーリストを迎え入れることはできていませんが、最新のラグジュアリーホテルとしてグアムの人々には高く支持されています。

さて今回はブッフェレストラン、 カサ オセアノ(Casa Oceano)のランチを紹介します。グアムでは 1月16日(土)から店内飲食がキャパシティ50%まで引き上げられ、外食をさらに楽しめるようになっています。メニューは?味は?感染対策は?日本の皆さまにも久しぶりのホテルブッフェの紹介です。

目の前に広がるグアムの綺麗な海と白い砂浜。非日常が味わえるプラベートビーチのようなロケーションに佇む、一度訪れたら忘れられないザ ビーチ レストラン&バー(the beach Restaurant & Bar)。オン・ザ・ビーチのレストラン&バーとして2011年にオープンして以来、旅行客そしてローカルに大人気のスポットです。

新型コロナウィルスによる2度に渡るロックダウンの為、営業停止を余儀なくされた時期もありましたが10月30日より営業を再開しています。

日本ではまだ馴染みの少ないベジタリアンやヴィーガン。肉や魚を食べず、野菜や果物で食事をとる菜食主義の人たちのことです。

アメリカではここ数年で急激にその数を増やし、その流れを受けてグアムでも菜食主義者が増加。そして菜食主義ではなくても、ベジタリアンまたはヴィーガンフードを普段の生活に取り入れる人も増えてきました。今では多くのレストランで菜食主義者向けのメニューが用意されるようになり、専門レストランも登場。賑わいをみせています。

こちらもヴィーガンフード専門店「アイム イントゥ サムシング グッド (I'm into something GOOD)

グアムの7月21日はリバレーションデー (Liberation Day) 。1941年から1944年まで続いた旧日本軍による統治が終わり、再びアメリカの統治下に戻ったことを祝う記念日です。毎年この日にはリバレーションデーパレード (Liberation Day Parade) が開催され盛り上がりますが、今年は中止。静かなリバレーションデーとなりました。

昨年のリバレーションパレードの様子は こちら をご覧ください。

そこで、久しぶりにパレード開催地であり、グアムの政治と経済の中心地、そして人気レストランが多数集中するハガニア地区を歩いてみました。

新型コロナウイルスによるロックダウン後はレストランも休業。オープンしていても店内飲食は不可なためテイクアウトのみの営業となりました。そこでレストランが力を入れてきたのがテイクアウトメニュー。

もともとグアムではほとんどのレストランでテイクアウトが可能でしたが、ロックダウン後に新しく登場したテイクアウト用のメニューはとても豪華な内容。当初はパーティーはもちろん、同世帯以外の人と集まることが禁じられていたため、メニューは家族向け。ファミリープラッターと呼ばれるものが数多く登場しました。

こちらはトニーローマ(Tony Roma's)のリブプラッター(Rib Platter

グアムの人はブッフェが大好き!一定料金で何十種類ものお料理が食べ放題なんて、嫌いな人はいませんよね。グアムの人はブッフェレストランの再開を待ち望んでいましたが、各自が料理を取るというスタイルは感染予防が難しく、レストランでの飲食が可能となってもオープンしていませんでした。しかし6月半ば、ようやくオープン!一体どのように営業しているのか、話を伺ってきました。

話を伺ったのはホテルニッコーグアム(Hotel Nikko Guam)のブッフェレストラン、マゼラン(Magellan)。6月19日(金)に待望の再オープン!

新型コロナウイルスの感染を予防するため、数か月前には存在しなかったさまざまなルールの下、現在私たちは日常生活を送っています。
レストランでの食事もそのひとつ。楽しくおいしい時間を過ごすために、各レストランには今までになかったさまざまな制限やルールが設けられています。人気レストランのひとつ、カリフォルニア・ピザ・キッチン(California Pizza Kitchen)に尋ねてみました。

ロックダウン後は休業していましたが、5月半ばにテイクアウトで再オープン、下旬に店内飲食も可能となり、再びあのおいしいアメリカのイタリアンフードを楽しめるようになったカリフォルニア・ピザ・キッチン。

5月27日(水)にグアム政府が発表した次なる規制解除。それはグアム経済を支えるツーリズム(観光業)に関すること。そしてもう1つは食べることが大好きなグアムの人にとってはうれしいニュース!5月29日(金)からレストランでの店内飲食が可能になること!

そして迎えたその週末。3月20日(金)のロックダウンから約2か月ぶりに、レストラン内で食事を楽しむ人の姿を見ることができました!

マイクロネシアモール内のビーチンシュリンプ (Beachn' Shrimp) 。マイクロネシアモール館内に入る際、体温チェックと手の消毒をしましたが、レストランに入店時に再度、体温チェックと手の消毒。

3月20日から始まったコロナウィルス感染症拡大予防に伴うグアムのロックダウン。多くのビジネスが営業停止を余儀なくされましたが、医療関係、スーパーマーケット、飲食店などのエッセンシャルビジネス(Essential Business)と呼ばれる必須業務は営業を続けています。飲食店に関しては店内での飲食をすることは一切出来なくなり、テイクアウト(持ち帰り)のみでの営業となりました。感染のリスクを防ぐ為、各店さまざまな工夫と対策をしながら営業を行っています。
その様子をご紹介します。

昨年グアムにオープンしたペッパーランチ(Pepper Lunch)。各自で熱々の鉄板に乗ったお肉とライスを混ぜながらジュージューと焼くスタイルで、日本で人気のお店です。
マイクロネシアモール(Micronesia Mall)内にオープンした途端、大行列!「ローカルの人は大好きだろうな」と予想はしていましたが、想像以上の大人気で、オープンして間もなく1年が経とうとしている今でも、週末には行列ができています。
では、ペッパーランチ未体験という方に注文の仕方やおすすめ&人気メニュー、そして料理の楽しみ方をご説明していきましょう!